7月24日の水瓶座の満月は殻を破るタイミング

こんにちは。

7月24日の11時38分頃に、水瓶座で満月を迎えました。

満月は、感謝と手放しのタイミングですね。

 

太陽は獅子座で、今回はその満月と山羊座の冥王星が重なっています。(ということは、太陽と冥王星は180度の角度で向き合うことになります。)

 

月は私たちの潜在意識と関連していて、満月は、太陽の光(意識)で潜在意識を照らしている状態で、私たちの内側にあるものが浮上しやすくなります。

気づきが起こりやすくなるということですね。

獅子座の太陽は、自分自身を表現していく、個性、自信、情熱的、陽気、活動的などのキーワードと、相手からの評価によって自分を知ろうとする傾向があります。

水瓶座の月は、これまでの常識や教義などから自由で、新しいものを求めたり、創造する質を持ち、良い悪いなどの判断もありません。

既成概念や固定概念や、暗黙のルールなどには囚われず、型に嵌らない自由な個性を求めます。

そして、冥王星が合(誤差含め0度で重なる)です。

冥王星は、破壊と再生、探究、究極、真理、莫大ナエネルギーなどをキーワードに持ちます。

冥王星は地球から遠くゆっくりと動き、時代の変化と関連しますから、社会的な変化も起こってくるでしょうし、個人レベルでもその時代の流れで、社会的な概念やルールの変化の影響をうけて、これまでの常識からは自由になり、本質的なものは残りそうでないものは手放さられていく流れになるのでしょうね。

 

この星の配置は、あなたに、周りからどう思われるかを気にしたりせずに、あなたの内側にまだ眠っている可能性や、本来のあなたを表に出していくこと、あなたらしく生きることを促しているのかもしれません。

これまでのあなたが「自分」と思っているイメージや周囲の人が「あなた」と思っているあなたのイメージを一端打ちこわし、新しいあなたのイメージに作り変えるタイミングが来ているのかもしれません。

 

これは、今までのあなたとは別な何かになるのではなくて、あなたの中にある「本来のあなた」が表面に出てくるもの、既にあなたの中にあるものです。

今迄、本来のあなたを隠していたのならば、もうありのままのあなたを出しても大丈夫な時にきているのかもしれません。

冥王星と太陽は、そんなあなたの背中を押してくれ、応援していますよ。

読んでくださりありがとうございます。