4月17日天秤座満月は関係性の見直しと再生のタイミング

こんにちは、物事の本質を見言い出しあなたの可能性を拡げるセラピストのテルミです。

 

2022年4月17日の3:55頃に天秤座で満月を迎えます。

満月なので、次の新月にむけて感謝と共に手放しのタイミングになります。

天秤座は、バランスと調和が主要なキーワードで、他者との関わりにおいて、自然体で調和とバランスをとることがテーマとなります。

その天秤座に潜在意識や無意識を象徴する月と、満月なので向かい合う180°の牡羊座に太陽があり、自分らしさを表現したい、自分らしく在ろうとする意識と、自然体で周囲と調和をとろうとして無理をしていたり、我慢をしているならば、その見直しを迫られるかもしれません。

 

なぜならば、再生・復活の冥王星が月と太陽に対して90°の位置にあり、横から刺激しているからです。

無理や我慢をしたり遠慮したりしているのならば、自然体ではないとなり、真の自分を表に出すように促されるかもしれません。

天秤座は「美しさ」にも敏感ですから、自分の内側の美しさに氣がつくように促してもいるのかもしれませんね。

再生・復活するには、過去の何らかの経験に対する感情を手放して、過去を生きるのを止めることが必要です。

必要というか、過去を手放すことでしか今を生きることは難しいのですよね。

 

だからと言って、過去を忘れなさいと言っているわけではなく、過去の経験は今のあなたになるのに必要だったはずなので、ただ受け入れるだけで良いのです。

「それも必要だった」と、受けれることで、囚われから自由になります。

それによって、太陽の示す自分らしく生きたいという方向性に向かうことになります。

 

また、何らかの困難がある場合は、それを打開していくための行動をとることに迫られるのかもしれません。ですが、この取り組みは、これまでの停滞していたエネルギーを刷新するためでもあるので、取り組むことで大きな可能性に繋がる事でしょう。

 

そして、牡牛座のドラゴンヘッドと蠍座のドラゴンテイルに対して土星が90°にあります。

自分の価値をもう一度見直す時なのかもしれません。

自分で自分を認めていくことで、自分の土台・基盤がつくられていきます。

他者の評価ではなく、あなたの内側にある、あなたの価値を認め、あなた自身を大切にするように促されているのかもしれません。

 

牡牛座で水星と天王星が重なっています。

本来、牡牛座の水星は、安定感があり実用的で職人のようにじっくりと1つのことを極めて行く傾向があるのですが、そこに天王星が重なっているので、何か突発的に変革を起こしたくなったり、枠にはまらない独自性を求めるかもしれません。

これまで、安定志向で落ち着いた状態であっても、何らかの閃きのようなものが湧いてきて変革する可能性もありますし、独自性を展開していく可能性もあります。

 

火星と土星が12ハウスで緩く重なっています。

見えない世界を象徴する12ハウスですから、内側に情熱や積極性、攻撃性をもっていることに氣がついて、「いざ!」「今ここで!」というタイミングで、あなたの行動力を使うことが出来る可能性があります。また、土星の象徴する仕組みや組織、システムを象徴する質は、これまで表に見えていなかったものを体系化していったり、興味をもったものにエネルギーを注ぐことになるかもしれません。

この火星と土星が、月と太陽と調和的な角度にあります。

 

木星と海王星が、第1ハウスの魚座で重なっています。

魚座は、自分の境界線を他に明け渡して開いていく星座でした。

海王星は、ロマンティックだったり、皆が幸せであるようにという想いを持って行動したり、博愛や理想主義の傾向があり、魚座の質とも近いものがあります。

そして感受性の豊かさを通して周囲と繋がりを拡げていくことが出来る質を持っています。

この木星と海王星の重なりがノード軸と調和的な角度であります。

 

今回の満月は、これまで停滞感や悶々とした感じを感じていたならば、過去の自分自身に対するイメージや思い込みを手放して(受け入れて)、そこから自由により本来の自分らしくなることが出来るチャンスかもしれません。

そして、内側の想いに従って行動することで、必要な人との繋がりができて、自然とあなたの目指す方向・あなたの魂が役目を果たす方向に歩みを進め始める時なのかもしれません。

これまで何となく動けなくてタイミングを計っていたのならば、自分の内側の感情と情熱をうまくコントロールしながら動き出すタイミングなのでしょう。

自分自身の内側との関係性と、他者との関係性の見直しと再生の天秤座満月です。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。