3月3日魚座新月は出発前の準備期間

こんにちは。

あなたの才能と能力を活かして可能性を拡げあなたの人生をあなたらしく生きるサポーターのテルミです。

 

3月3日はひな祭りで、晴れて過ごしやすい1日となりましたが、今回は2時35分に魚座で新月を迎えました。

何だか魚座に星たちが、ぎゅっと集まっていて、その他にも水瓶座と山羊座と牡牛座と、塊になっています。

新月なので、意図設定のタイミングですね。

あなたがこれから始めようとしていること・始めることに対して、何のためにどのようにしていくのかということはとても重要で、柱となるようなものになります。

「どのように」というのは、なにかの方法のことではなくて、あなたの持っている才能や能力、質を使っていくということでもあり、“在り方”でもあります。

例えば、「綺麗にするために掃除をする」という行為のために、「家族が心地よく健康に過ごせるように」という意図があった場合、そこにあなたの持っている質や才能や能力に、細やかさ・丁寧さというものがあるのならば、ただ掃除をするのではなくて、部屋の状態から使う人にとってどのような状態であれば、心地よいと感じるかとか、最近はどんな状態だったのだろうかという事などに気が付くことが出来たりします。

そすると、あなたの想いや意図は、その空間や触れたものに残るので、使う人にも伝わって、ただ掃除をするのとは違った空間ができあがります。

今回の新月は、繁栄・拡大の木星も太陽と月に重なっているので、あなたの意図設定は、広がっていきそうですよ。

 

魚座のキーワードは、浄化、癒し、ヒーリング、聖なるもの、愛、ファンタジー、水に流す、リセット、卒業、変幻自在、変身などがあります。

魚座の次は牡羊座と3月の春分にスタートの星座を迎える前の準備段階で、新しい始まり目前で、これまでの枠を超えていくエネルギーがあります。

 

そして、その木星に象徴される広がりは、無秩序に広がるというかんじではなく、水星と土星が重なっていますから氣づきが調和をもたらすように働きかけをして、これからくる1年の基礎基盤を支えるようなものになるかもしれません。

ただし、それは、これまでの概念というよりは、それら概念には囚われないような、新しいあなたの価値観や、社会全体にも新たな価値観が生まれるのかもしれません。

これまでの価値観や概念は更に変化を迎えているのでしょうね。

 

そして、金星、火星、冥王星が山羊座で重なっています。

山羊座は地の星座で、体感することなど感覚的でもあり、現実的、地に足を着けている星座で、地球で私たちは人として愛を持ってどのように人だけでなくあらゆるものと関わっていくのかという事のお試し感もあります。

表面的な善し悪しではなくて、起こっていることの背後には私たちが何か気が付くことを求められているものが隠されていたりします。

 

個人レベルでは、あなたが好き、心地よいと感じるもの、夢中になれるものに対して、それらの何があなたをそのような感じにさせているのかをしっかり見ることをしてみると良いかもしれません。

そこには、あなたの才能や能力も隠れていることに気が付くかもしれませんし、あなたが情熱を傾けて今後取り組んでいくことが見つかるのかもしれません。

 

牡牛座の天王星は、水星と90度の位置にあります。

何か新しいことにチャレンジするときは不安があったり、慣れ親しんだものから離れることに対して色々と考え過ぎたりすることもあるかもしれませんが、「考えてばかりいても何も変わらないよ。」「この変化で、あなたがより爽やかに生きやすくなるよ」と火星と金星に60度の位置にある魚座の海王星も応援もしていてくれているようです。

何かこれまで進もうか迷っていることがある人は、新しい始まりに向けての準備期間に最適な時期ですね。

春分の日に向けて益々あなたが、より軽やかに爽やかに成長していくことでしょう。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。