2022年はどんな年?

こんにちは。
あなたの才能と能力を最大限に活かして人生を創るサポーターのテルミです。

11日は、鏡開きですね。
鏡餅を開いて年神様をお見送りして、年神様が宿って魂が吹き込まれているとされる鏡餅を頂くことで、その恩恵を授かり、無病息災の祈りを込めた行事です。
今年も笑顔で健やかに過ごしましょう。

2022年は、数秘術では2+2+2で6の年になりますね。
6の年は、奉仕や愛がテーマになります。
だからと言って、犠牲になるのは違います。

相手のことを想っているつもりで行動していても、自分が「そうだ」と勝手に思い込んで行動したことで、相手に迷惑になっていることもありますし、逆に、「この前も喜んでくれたから、このくらいしなければ」と思い込んで、無理をしたりするのも違います。

相手から望まれていないのに何かサポートしようとしたり、奉仕したいと思うとき、そこには、相手を支配したい、所有したいという思い、「嫌われたくない」という思い)、自分の価値を証明しようとしている思いが隠されていることもあります。

ボランティアなどで、何もしないよりは「偽善」と言われたとしても(偽善かどうかは、何もしていない他人が決めることでもありませんしね。)行動した方が勿論よいのですが、被災地などでよく聞かれるのが「ボランティアにきてあげた」とか「ボランティアなんだから」という姿勢で、被災地や被災者の立場に立ってはいないことで、地域の方とトラブルのような感じになっていることです。

芸能人の方たちが被災地に入る時に、お忍びでプライベートで活動なさったり、現地の方と触れ合う機会を多く設けたり一緒に活動をなさったりしていることが話題になりますが、迷惑が掛からないようにと配慮しているからこその対応ですよね。

また、現地に赴いてボランティア活動するが多すぎても混乱をきたしますから、今住んでいる場所から、活動資金などとして寄付をするということも考えられます。
このように、奉仕する際には、相手の立場に立つという色で言うとグリーンの質の一側面と、思いやりと配慮というレッドの質の一部の側面のバランスが必要になります。

何か頼まれて嫌な時や無理をしているときは、「出来ません」とお断りすることも必要ですね。
断るときは、「大変ですね」と相手に共感しつつも、自分も忙しくて無理なことを伝えたり、あなたの優しさを活かして配慮をしつつもあなたの意思を伝えることが出来ますね。
あなた自身を大切にすることも大事です。
「お断り」をしたことで関係性が壊れるようならば、相手にとってはあなたが相手のことを思っているほどには、あなたを大切に思っているわけではないということでしょう。

6の数字は「あなた」と「あなたの周囲の人」との境界線を引きつつもバランスをとって愛と思いやりを持って適切に繋がっていく質も持っています。

今の社会の背景から、二極化が激しく分断が起きやすい環境になっていますが、どちらが良い悪いということでもなく、その状況を超えて、お互いを思いやる気持ちがとても大切になっていますね。
そして、現状の背後にあるものに対してどのように私たち1人ひとりが思い、そして行動するのかということも試されているような感じです。
周囲に振り回されずに、目の前の日常を大切に、思いやりと優しさを持って関わり、繋がりを持っていくことで、あなたが満たされていくことが出来れば、その想いは周囲へと拡がって行くようになります。

あなたの内側の愛が自然と外側に溢れるようになりますよ。

そんな2022年の全体のエネルギーのようです。

その中で個人的にはどうなのというと、個人年があります。

<個人年の出し方>
(調べたい年を1ケタにして)+(あなたの誕生月1ケタにして)+(あなたの誕生日1ケタにして)
例:2022年 12月 31日 生まれの人 → 6+3+4 =13→1+3=4(個人年)

個人年の簡単キーワード

1:新しいことを始める。 9年サイクルのスタート。 自分に正直に。
2:1の年の想いを受け取る時期なので時間をかけて待つ。 焦りは禁物。 ゆっくり成長。
3:コミュニケーションが盛んになったり、自己表現の年。クリエイティブ。
4:基礎固め。 安定。 責任を担う。 短期の計画と成果。
5:変化。 行動。 好奇心。 衝動的な行動は注意。
6:調和。 寛大さ。 責任を担う。 家族。
7:再評価。 見直し。 価値観のシフト。
8:達成。 達成のための努力。 卒業試験。
9:成就。 完成。 手放し。 学び終えた感覚。 1のスタートの準備。

あなたの個人年はいかがだったでしょうか。

おめでとうございます。
2022年はあなたにとって素晴らしい年となります。

「もっと詳しく知りたい!」「何をしたらよい?」と思った方はこちらへ

2022年を創造するセッションのご案内 

いつも読んでくださりありがとうございます。