2月12日は水瓶座の新月と旧正月で新しい始まりのタイミングです

こんにちは。

隈元テルミです。

 

2月12日は旧正月。そして、4時07分に水瓶座で新月です。

昨年、12月22日にグレート・コンジャンクションで、水瓶座の時代になると話題になりましたが、その水瓶座での新月です。

現在、水瓶座に太陽・月・水星・金星・木星・土星が集まっていて、賑やかになっていて、風の時代の流れが本格的になりそうです。

社会全体の流れがそうなるということは、個人的にも影響がありますね。

水瓶座は個性化の時代とも関わりがあります。

自由な発想や、創造性を活かして、自分らしい人生を創造する方向性へと移行していくことでしょう。

 

その影響をうけていることが一番分かりやすいのが芸能界かもしれませんね。

昨年から放送業界では、テレビからYouTubeという個人活動に切り替える方も多くなっていましたが、さらに、YouTubeでもプロダクションから独立する人も増えているという動きがあります。さらに進んでいる人は、個人の動画配信サイトを設立しています。

風の時代は流れが加速するので、どんどん変化していますね。

 

大きな後ろ盾があると、安心感のようなものはありますが、その分規約などの制限もあります。しかし、独立すると、個人の責任において自由があり(良俗的な範囲で)、個性を活かすことがエネルギーの循環に大きく影響しています。

2月は、ホロスコープでもサインは水瓶座で、この時期は第1ハウスから第2ハウスにかけて対応しています。

第1ハウスは自己表現と関わり、第2ハウスは生まれ持った才能や財産の増やし方と関係があります。

 

時代の変わり目の今、過去の経験からあなたはあなた自身の可能性を制限しているならば、それを外すチャンスでもあります。

過去の経験で1回うまくいかなかったことで、「自分はダメだ」「自分は○○だから」と決めつけているのならば、それは、過去を生きていることになります。また、過去の経験は、自分の能力に氣がついて磨くチャンスだったものを、出来ないことにフォーカスして自分の可能性を制限しているかもしれません。

 

水瓶座のキーワードは、独創性、独立心、自由奔放、独自の価値観を持つ、人道主義的、普遍的などがあります。

人と違うことを知っているあなたは、独自の価値観をもち、独創的で、個性的なのです。

 

旧暦のお正月、そして、新月の今日、過去の経験に基づく制限を解除して、新しいあなたに生まれ変わりませんか。

あなたのなかには、あなただからこそ出来るもの、あなたにしか出来ないものを成していくために必要な才能や能力がまだ眠っています。

「誰かと比べる必要はありません。」とは言え、大なり小なり比べます。

比べても良いのです、それで自分を知ることが出来ることもあります。

比べても良いので、出来ないことではなく、「じゃあ、自分だったら何ができるかな。」「自分だったらどのようにするかな。」と、自分に問いかけてみましょう。

あなたの中に眠っている才能や能力に氣がつくかもしれませんよ。