3月7日の新月後、8日は動き始めるタイミングです

7日は、魚座の新月でした。

新月は感情を整理してリセットするタイミングで、新しい意図設定に適しています。

新月では意図したことをすぐに行動に移すよりも、落ち着いた翌日くらいから動き出しましょう。新月は太陽と月が重なっている状態で月に太陽の光がまともにあたり、特に潜在意識や感情に強く影響します。地球から見ると光が最も少ない状態ですから(逆をいうと、月に太陽の光がまともにあたり焼かれる状態)、良く見えない状態です。このような時に動き出しても、混乱したり、達成しても満足感を感じられなかったりする可能性もあります。また、敏感な人は眠くなったり、身体が重くなったりと、実際に体調にも影響もあるくらいですので、新月を過ぎて翌日から動くくらいでちょうど良い感じになります。翌日ころから21日の満月に向かって意図設定したものを満たしていく(叶えていく)ように行動すること、落ち着いて行動することが出来るでしょう。

21日の春分の日が12星座のスタートである牡羊座の始まりで1年のスタートになります。

新年を迎える準備はできていますでしょうか。

 

日本では、3月中旬までに卒業式があり、4月に入って入社式や入学式と新しいスタートを迎えるサイクルになっています。

黄道12宮のサイクルに沿った流れで、わたしたちは毎学年ごとに成長してきていたのですね。今年のサイクラの開花予想では鹿児島は4月5日頃となっていますが、毎年春の美しくエネルギーが活性化する時期に新学期が始まります。

 

この3~4月の入れ替わりの時期は、新しい始まりのために過去のこれまでのことをリセットして手放す時期です。

そして、不安も手放し、あなたがイメージすることもポジティブなことやポジティブにイメージするように意識してみましょう。同じ物事でもどのように受け取るかはあなたが選択することができ、ポジティブにもネガティブにも見ることが出来ますが、ポジティブなイメージの方が、行動する際に軽やかに取り組めます。

 

新しいサイクルを、気持よくスタートしましょう!