後悔が消えないときこそ大切な気づき。あの時があったから今がある

みなさんは、反省をしているはずだったのに、

いつの間にか過去を振り返って後悔する時がありますか?

「あの時、もっと○○していたら・・・」

「なぜ、もっと○○できなかったのだろう・・・」

などと、気がついたら後悔して、その思いを引きずっていたり

自分の欠点ばかりに意識がいくようになったり。

どちらかと言えば、ネガティブな行為になりがちです。

 

反省について、TVでご活躍の美和明宏さんが、

「反省とは “省(はぶ)く” と書くとおり、

自らの行動や言動を振り返って確認し、必要のないものを

心の中から捨て去る行為です。

後悔することではありません。ポジティブな行為で、心の大掃除なのです。

自分にプラスになることだけを学びとして胸に残し、それ以外は、すっきり切り捨てて

忘れてしまうことです。」

と、述べていらっしゃいました。

 

過去の経験を通して、「今現在」に私たちはいます。

今は過去となった、「その時」は、初めての経験で、一生懸命に対応して

精一杯だったのです。

そして、時間を経て「過去となったその時」を、今の自分が振り返ると

客観的に観られるので色々と気づきを得ることができます。

必要なものは、その気づきです。

その「気づき」は、私たちの成長のための栄養になります。

 

過去は変えられませんが、過去の経験からの気づきは、

あなたらしい花を咲かせるための栄養になります。

 

近所のハスの花は夏にきれいな花を咲かせたあと、

今、実をつけて、葉を枯らし、来年の栄養になる準備をしています。

 

あなたの花はどんな花でしょうね。