運氣を上げたいなら先ずは生活リズムを整えましょう

医療や介護系のお仕事をなさっている方や夜勤があるお仕事などの方は別として、朝型や夜型という言葉あるように、朝早く起きて活動を開始した方がパフォーマンスが上がる方と、夜の方が元気になってきて効率が上がる方といます。

この朝型と夜型は体質にもよるので、無理に変える必要はいという研究もあります。

また、夜にはネガティブになりがちなので、考えごとは夜にはしない方が良いということもありますから、朝型と夜型どちらが自分に合うかは、あなた自身の経験から既に分かっていることでしょう。

 

文明が発達して、電気が作られるようになって、どんどん便利になって24時間営業のお店も経済成長とともに増えましたが、昨年あたりから24時間営業のお店も少しずつ営業時間の短縮などが始まって、自然の流れに戻る傾向が見られています。

私も、最近夜型になっていたので、自然と調和するために朝型に切り替えをしようと、徐々に調整中です。

雨や曇りの日は朝起きるのが起きにくく、冬も日の出が遅いので夏に比べると朝起きにくくなったり起床時間も夏の方が早くなったりもするのですが、大きくこれまでのパターンを変えるには、一番簡単な方法は、出来るだけ自然のリズムに合わせることです。

「生活の乱れは、こころの乱れ」と、子どもの頃に、先生に言われていましたが、体も心も繋がっているので当然なのですよね。生活のリズムが乱れてくると、こころも不安定になりがちになります。色々経験した結果、今なら良く分かります。

私たちの身体は本来は自然と調和して、体内時計も日光に当たることで調整されるようになっています。

自然の調和と不調和な生活をしていると、やはり身体にも負担がかかります。

23時頃から深夜3時頃の間に、成長ホルモンが分泌され肉体の修復と、血液の浄化が体内で行われ、翌日の準備を整えています。 (参考資料 子午流注と養生

 

睡眠時間は6時間30分~7時間くらいが良いと言われていますが、何時に身体を休めているかということも影響してきますね。

身体が整うと、氣の流れも整ってくるので、運と言われているエネルギーの流れも良くなります。

夜更かしなどで不摂生が続いている方は、先ずは、生活のリズムを整えることで、全体の調子が整い、自然と調和しやすくなりますよ。

家にこもりがちなこの時期だからこそ、体調を整えることも必要ですし、早く寝ることもしやすいと思いますので、試してみてみませんか。