身近な波長を使うとあなたの波長を切り替えるきっかけになります

上方落語家の笑福亭鶴瓶さんは、とても人氣がありますが、人間だけでなく見えない存在からも人氣があり、周りに沢山見えない存在を連れていると見える方々が話しをしています。

人を癒し笑顔にする波長をもっている方ですから、その波長に惹かれる人が物質的に見えるか見えないかに関わらず集まってくるのは頷けますね。

 

自分の波長と似た波長に惹かれやすい状態ですので、重くてエネルギーが落ちている時は、自然とそのような重いエネルギーに惹かれやすくなります。

そのような場合にエネルギーを切り替えるには、普段調子の良い時に癒されると感じる場所を見つけてあるならば、そこに身を置いて自分の波長を整えることも1つの方法になります。

 

運が良い人の近くにいれば運が良くなり始めたり、あなたが憧れている状態の人がいるならば、そのような生活をしている方と仲良くなり波長を切り替えるきっかけにする方法もあります。

あくまでも、きっかけや幸せの状態の波長であって、その人自身に同調するということではありません。

切り替えのきっかけにして、あなたの波長を切り替え、自分らしくバランスをとり戻すことを行っていきます。

 

結婚披露宴や新築祝い、出産祝いなどのお祝いごとに参加するのも、お祝い事のお裾分けを頂けますし、飛行場や駅なども様々な理由があれども今の領域から新しい領域へと移動する出発点になる場所になりますので、氣持ちを切り替えるときには利用したい場所ではあります。

ただし、飛行場や駅などの人が多い場所では、自分自身の状態があまり良くない場合は、ポジティブな波長以外のものも拾いやすくなっていますので、自分の状態をポジティブな状態にしてからの方が良いですね。

そして、ポジティブな状態や落ち着いている状態の時でも、焦点を合わせるのはポジティブな側面に意識を向けていましょう。

そうすることで、ネガティブな側面の影響を受けることをしにくくなります。

 

人の関係性も、あなたの調子が悪い時にそのエネルギーを断ち切って切り替えてくれる質をもつ関係性や、あなたが上り調子の時に応援して支えてくれる質を持つ関係性など様々で、友人の関係性であれば合いたいと思うタイミングが、そのような質を必要としている時と重なっていることも多いものです。

あなたの周囲の方との関係性にも、あなたの持つ質が自然とそのような役目をしていることも有ります。

それは、関わる相手によってその役目の質は変わりますし、相手もあなたにとっての役目の質と他の人にとっての役目の質は変わりますから、そのことに縛られる必要はありませんが、自然とそのような役回りをしていることがあります。

 

わたしたちの身近にある波長を使うことで、自分の状態のバランスを取るきっかけになったり、ポジティブな状態にするきっかけになったりすることが出来ます。

落ち込んだときは、自然に身を置き自分を自然体に戻したり、目標があるときはその目標の波長に近いものに触れることなどで、何か切り替えのきっかけとなったりする可能性があります。

あなたの周りのポジティブな波長を借りてみるのもよいかもしれませんよ。