自己評価が低い場合、エネルギーの循環が滞りがちになります

先に与えて受け取ることで循環が起こることは以前に少しお話ししましたが、優しすぎる場合だけでなく、自己評価が低い時も受け取ることが苦手になります。

プレゼントしてくださると言っているのに『いいのですか?』と、受け取ることを遠慮してしまう傾向になります。

過去記事 優しさの循環をしませんか

 

日本文化では、マナーとして形式的に1度遠慮をしてから受け取る(頂く)のですが、文化的には奥ゆかしさなのですよね。

奥ゆかしさとして、1度遠慮しているならば良いのですが、『本当に私が受け取ってよいの?』『なんだか申し訳ない』と言うような感覚がある時は、もしかしたら自己評価が低いかもしれません。

 

プレゼントをする側が、相手のことを想い『喜んでもらえたら嬉しいな』と思って差し出したものを、『なんだか申し訳ないな』と言う氣持ちから遠慮しているならば、あなたは『自分は、そのような大切な想いの籠ったものを受け取る資格はない』と、自分自身に言っているのと同じことになります。

自己評価が低くない場合は、『こんなに私のことを想っていてくれて有り難いな、嬉しいな』という氣持ちになります。

ただし、プレゼントする側の自己満足ではなく、受け取り側が本当に必要としているものや喜んでくれるものをプレゼントすることが重要です。

 

先日、お世話になっている知人にプレゼントを渡したら、とっても素直に受け取っていただけて「えっ、いいの? わぁ、やった~。すっごく嬉しい!! 明日から楽しみ~。」「ありがとう」と、とても喜んでくださいました。

その姿を拝見していると、こちらも『プレゼントしてよかったなぁ~。』『快く受け取って頂けて良かった~』と、嬉しく心も温かくなり、既にその瞬間にも、差し出しているようで、同時に受け取っています。

 

あなたは差し出されたものをどのように受け取っているのか、どのような氣持ちで受け取っているのかを確認してみましょう。

 

自己評価を高めるといっても、尊大になったり謙虚さを無くすこととは違います。

ただありのままの自分自身を受入れ、ただ在るということです。

あなたはあなたであること、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

あなたは、差し出されたものを受け取ってよいのです。

あなたは愛される価値があります。

 

同時に、あなたに必要のないものは受け取ることをしない選択ができることも自己評価は高めでしょう。

あなたに必要のないものを受け取らないということは、あなたはあなた自身に優しくあることが出来ていて、あなた自身を受入れ認めていることが出来ている時です。

 

あなたに差し出されて、あなたが受け取りたいものであれば、遠慮せずに感謝とともに受け取りましょう。

あなたが喜んで受け取ることで、差し出した相手も嬉しく、喜びを分かち合うことが出来ます。

受け取っているようで与えていて、与えているようで受け取っています。