自分を信頼して任せることで目的地にたどり着きます

引き寄せの法則に関連して、先日、わたしたちは見たいものを選んで見ているというお話しをしました。意識した特定の情報に関連する事項について視覚や聴覚などから得られる情報を無意識のうちに選り分け優先的に認識することを行い、わたしたしたちは自分が見たいもの、得たい情報に意識を向けることで、その情報を得ることを選択しているということです。

そして、困難が起こった原因を探ろうとすればするほど、深みに嵌りネガティブなサイクルを引き起こす可能性もあるので、目の前のことに意識を向けて淡々とする必要のあることを取り組むことがネガティブのサイクルから抜ける方法だということでした。

(過去記事) わたしたちは意識を向けたものをみることができます

 

脳科学分野での研究が進み、ピーズ夫妻の研究では、脳に毎日送られる情報の99.9999パーセントはあなたの知らないうちに処理されて消去されていて、これは、大量の情報によって混乱をきたさないようになっている脳の情報処理システムということが分かっていると述べています。そして、人は進化の過程で、すべての情報をふるい分けて、その中からいつでも自分にとって大事なものだけを拾い上げるツールを手に入れたそうです。

そして、このツールは、意識と無意識の間にあるフィルターでもあり、意識が情報を受け取るとそれに対する指示をツールに送り、そのツールは、潜在意識に伝えることで、意識が受け取ったものが潜在意識に染み込んでいくことになります。

そのツールを介して、外部からの情報を仕訳して、あなたの潜在意識にある情報をピックアップしています。また、思考や感情に合わせて外部の情報を拾い上げ、拾いあげた情報にあなたの意識を引き付けるシステムになっています。

また、このツールには、GPSシステムも備わっていて、あなたがどこへ行きたいかそれさえわかっていれば大丈夫で、どうすれば行けるかということを考える必要はないようです。

GPSシステムには、行先を登録すれば、あとはどの道を通るかなどに情報はすべて収集して目的地まで案内してくれます。目的地を決めれば、あとはお任せすればよいということです。

さらに、そのツールは、わたしたちが信じること、考えることだけに焦点を合わせて、

信じると決めた道へ向かうための情報だけを集めて、それ以外の情報はすべて排除するようになっていますから。わたしたちが求めるものだけ、望むものだけを見るようにプログラミングし直す必要があります。

求めないもの、望まないものを見るようにさせてはいけないということです。

書籍:自動的に夢がかなっていく ブレインプログラミング                               アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ(著) 市中芳江(訳) サンマーク出版

 

わたしたちは、生まれてくるときに自分の使命・目的を持って生まれてくると過去にお話ししましたが、わたしたちがその自分の使命・目的を果たすための方法は自分の中にどのようにすればよいのかは答えを持っているということは、このGPSシステムを持っているからです。そのときに、思考で色々と考えすぎると情報処理の邪魔をすることにもなります。 自分を信頼して任せることが大事ですね。

わたしたちが未来を不安に思ったり心配していると、そのツールのプログラミングをあなたが望まない困難な状況に意識が向くように設定することになりますから、望むことに意識を向けて、望まないことには意識を向けないことが重要です。

あとは、目的地を自分で決めることです。

ただし、子どものころからの親に言われた望ましくない言葉などでプログラミング(刷り込み)がある場合、自分の目的地を決めるのが難しい場合があります。

自分がどうしたいのか分からないという状況です。

コンサルテーションでは、このプログラミングをあなた自身があなたらしく刷新していくこと勇気づけます。

あなた自身が本来の自分に戻り、あなたの目的地を思い出す機会を提供します。

 

今あなたが、不安を感じていたり、あなた自身の望みが見えなくなっているのならば、まずはあなたが望まない状況を考えたり心配したりするのを止めて、本来のあなたに戻ることが重要です。