自分に合うセラピスト、コンサルタントの見つけ方

初めてオーラソーマ®コンサルテーションを受ける方から

「色からこんなに分かるんですね~。」

「この色は、その意味があるのですか?」

と、質問をいただきます。

 

基本的に○○色には、○○というような

色彩の持つメッセージ・質はありますが、

1つの色に1つのメッセージ・質というわけではありません。

いくつものメッセージ・質があります。

 

実際のコンサルテーションでは、

クライエントのお話しを聴き

選んだ色を通してお話しを進めていきますが、

同じ人がいないのと同じように、

色のメッセージ・質も、選んだ他の色との関連と

クライエントのこれまでの経験などにより

その色のもつどの質をどのように使っているのか、

どのような可能性があるのかなど様々です。

 

ですから、クライエントとのお話しの中で出てきた色については

他の色との関連や経験などにも影響されているので、

「この色は、こういう意味があります」

と、言い切れない部分もあり、

また、お伝えすると、伝えたことにとらわれ

クライエントご自身が、可能性を制限しかねなくなるので

質問に答える際に気を配ります。

 

わたしたちは小学校のころから

1+1=2 になるというような、答は1つという

形式で学ぶことが多く、

2になる計算式はどのようなものがあるか

という考える機会はほとんどありませんでした。

 

この教育の影響をわたしたちはしっかり受けていて、

何でもマニュアル化されて『この時はこうする』

というような理解をしがちになります。

 

コンサルタント側にも言えることで、

分析したり、色彩のメッセージや質にとらわれていると

違う人が同じ組み合わせのボトルを選んだのに

みんな同じコンサルテーションの内容になる

ということが発生しかねません。

 

コンサルタントは、

クライエント本人を観て話しを聴くことが必要ですし重要です。

 

それができているコンサルタントでは、

クライエント本人が実際に

『ちゃんと自分のことを観ていてくれている』

『理解しようとしてくれていて、わかってくれている』

ということを感じることができます。

 

残念なことに、この感覚を感じることができなくて

セラピージプシーになる場合もあります。

 

あなたがあなた自身に合うコンサルタントを見つける際には、

知識だけではなく、あなた自身を観てくれて

枠にはめずに理解しようとしてくれている

分かってくれていると、

感じられるかどうかをヒントにしてみるとよいですよ。