あなただけでなく、他の人にも困難な状況や大変な状況があります

『自分だけどうしてこんなに大変なのだろう』と

思っていた方が、

「自分だけが大変と思っていたけれど、

人とお話ししてみると、外からは分からない事情や

状況があって、みんな大変なのですね」と

お話ししていました。

 

わたしたちが毎日すれ違う大勢の街中の人たちは

何事もなく幸せなのだろうと思いがちです。

実際に話しを聴いていないので、

外からは病気を持っていたり、何か困難な状況であることは分からず、

何事もないと思い込んでいます。

 

でも、実際には、人間関係や仕事や健康についての

悩みを抱えていたり、何等かの困難な状況に対して

一生懸命に対応していることも多いものです。

 

ただ、そんな困難な状況にあっても

その人の内側は穏やかで幸せを感じている人も確かにいます。

 

これは、その人がその人自身の真実に従って

自分らしく生きている場合は、他人から見た時には

大変そうでも、本人にとっては楽な状況です。

内側の葛藤が無いからです。

 

それは、あなた自身の真実とその人の真実が違うので

その状況がその人には幸せでも、あなた自身にとっては

幸せを感じられる状況ではないかもしれません。

 

逆も然りで、あなたにとって自分らしくいて、

内側で幸せを感じられる状況でも

人から見たら、大変そうに見えることもあります。

 

『自分ばかり大変』『自分だけが大変』と思う時

他の人にも、そのような大変なことや時期があるということを

思い出してみてください。

 

困難な大変な状況があるのは、

私たちの成長に必要で起こっているのですから、

他の人が経験しているような大変な困難を

自分も同じようなことで経験しているということではなく、

何か困難で大変だと感じる何かの状況を経験することが

誰にでもあるということです。

 

そして、その困難さは人それぞれ違います。

その人にあった度合いの困難さを経験します。

 

不思議なもので、困難な状況を経験するのが

自分だけではないことを知る(氣づく)だけで

氣持ちを強く持てるようになります。

 

人は経験を通して強くなり、磨かれて、その人らしく輝きます。

その困難さは、あなたが成長しているプロセスの証です。

 

あなたの真実に従って生きているならば

人から見たら大変そうに見えても

あなた自身の内側には強さと、幸せと輝きがありますよ。