後回しにしていることが増えるほど辛くなる。まずは現状把握からスタート

人生の大きな岐路だけでなく、日常の中のちょっとしたことでも

効率や先のことを考えているうちに、目の前の忙しさに流されて、

考えていることの行動を後回しにしてしまうことありませんか?

 

そして、後回しにして行動しなかった自分を責めて、

何かをしながらも、いつも『あれをしなければ』と

心ここに在らずの状態で、先延ばしにしていることを

考えながら、目の前のことをこなす毎日。

 

そうしているうちに、それが日常になって、

繰り返しのパターンを過ごすなかで、

目の前のことに追われながら、思考は先延ばしにしている何かを考え続けていて

エネルギー漏れのような状態になり、動く気力がなくなっていきます。

 

また、この思考パターンは、ポジティブに作用していくことはほとんどないのですよね。

思考パターンだけでなく、考えている内容そのものが、

ネガティブな方向を向いて不安になっていたり心配性の傾向も。

 

結果、タイミングがずれてチャンスを逃したり、

変わりたいのに変われないという状況を自分で創りだしたり。

 

だからと言って、思ったら即行動というのも危険で、

何事もバランスが必要ですね。

考えるというよりも情報を分析し現状把握する思考と

自分の内側の感覚(直感含め)との整合が必要になります。

 

この考えすぎる傾向のある方に見られる経験として、

子供のころから、親、教師、周りの大人などに、

「~ しなさい!」

「~ したらダメ!」

「 失敗しないように、先をよく考えて!」

って、言われて育てられてきて、反発しながらも言うことを聞いてきた人が多いのです。

または、読んできた書籍に書かれてきたことかもしれません。

 

過去に心理実験のTV放送がありました。

 

Aグループ

「この場所から、あのテーブルに置かれている水の入ったカップを取りに行ってください」

「ただし、その動きが間違っている場合は、ブザーが鳴ります。」

 

Bグループ

「この場所から、あのテーブルに置かれている水の入ったカップを取りに行ってください」

「そのときに、その動きが正しい場合は、ブザーが鳴ります。」

 

実験者は、被験者が動くたびにブザーを鳴らします。

この2グループ、どちらがテーブルの水を取りに行けた人が多いかというと、

結果は、Bグループの正しい行動の場合はブザーが鳴る方でした。

 

Aの間違ったらブザーが鳴るグループの参加者は、

「『ブザーが鳴らないように』と思ったら、どう行動していいかわからなくなった。

動けなくなって、止まってしまった。」と、話しをしていました。

 

Bの正しい行動の場合にブザーがなるグループの参加者は

「ブザーがどこでなるのか探すのが楽しくて、探るために色々と動いているうちに

テーブルまでたどり着いた」とのこと。

 

子供のころに「~しなさい!」「~したらダメ!」「失敗しないように、先をよく考えて!」

と、言われてきた人はAグループと同じ状況ということです。

行動の制限をされ動きが取れにくいうえに、失敗は許されない刷り込みがなされていますから、

目標やしたいことはあるのに、動けない状況になってしまっています。

 

では、どうしたらいいの?

長くなったので続きは明日へ。