羨ましい気持ちはあなたを成長へと導くサインです

誰かを羨ましいと思って、悶々としたり落ち込んだりして気持ちを引きずるとき、その誰かは、あなたの見えないところで努力したりチャレンジして自分の人生を切り開いてきた人だということに気が付いてください。

 

成長したい、変わりたい(違う人になるということではなく、自分の持っている質の使い方を変えることで、本質は変わりません)と思うならば、チャレンジして新しい世界に踏み出すことが必要なのです。

どのようにすればよいのか頭で分かっても、実行していないのならば成長や変化は起こりにくいでしょう。

 

「人の不幸は蜜の味」という言葉通りに感じて生きている場合、あなたは自分の人生を誤魔化したしたり、あなたの内側で何かを知っているのに見ないふりをして、楽な方を選択したり、何かを言い訳にして「選択しない」ことを選択していたりしないか確認してみましょう。

 

誰かを羨ましいと思うなら、あなた自身がそのような地点に到達するように行動することが必要です。

その誰かと同じようなやり方や同じような状況ではないかもしれませんが、あなたの質を使って行動し始めると、あなたが望んでいた誰かと似たような領域に到達することは可能なのです。

その時に必要なのは、同じやり方というよりも、あなたの持っている質をどのように使っていくかということになります。

あなたが、生きていくために必要な才能や能力は、生まれてくるときにしっかり持ってきています。

ただ、その使い方やタイミング、加減などの調整は必要かもしれません。

それは、あなたが経験をしてく中で学んでいくことができます。

 

あなたが、あなたの内側にある何かを知っているのに見ないふりをして目をそらし、現状維持を続けるならば、それはあなたを苦しめたり、あなたを卑屈にさせたり、あなたの自信のなさから相手を見降すようになってしまうかもしれません。

 

あなたが成長するために、新しい世界に踏み出すには勇気が必要かもしれませんが、新しい世界に踏み出すと、それまでの恐れは感じなくなります。迷って不安定な状態なのでより恐れを感じやすくなっているだけで、実際に行動を始めると、やらざるを得ないので不安は感じなくなると同時に、1つずつ新しいことを達成していく充実感を味わえ、自信につながっていきます。

 

あなたが誰かを羨ましいと思って落ち込んだ気分のまま過ごしているのならば、あなたが成長する機会がやってきたということです。

そして、あなたの可能性が拡がっていくことになる地点に来ているというサインです。

あなたの内側で感じている声に従って、新しい扉の向こう側に一歩踏み出しましょう。