継続は結果を出すためには必要な条件です

ヨーガセラピスト養成講座で一緒だった70代の方、今は、週1回のヨーガの勉強会でお会いするのですが、後ろから見ていると、背筋もスッと伸びて、適度に筋肉もついていて姿勢が良くて恰好よいのです。

 

自分のためにと資格取得のための講座に通われたそうですが、ヨーガが好きで毎日寝る前にヨーガをしているとのこと。

筋肉がついているのに柔軟性もあり、とてもしなやかで実年齢よりも10歳以上若く見えます。

まずは20代の頃のベスト体重まであと1Kg落とすことを目標に続けているようです。

 

恰好よくとても素敵で年齢を重ねるお手本にしたい方で、そうお伝えするととても喜んでくださり、褒められたから、励みになって益々楽しく頑張れますとのこと。

 

ヨーガ勉強会の講師も70代の方なのですが、この方も適度な筋力と柔軟性に富み、年齢を重ねた先の目標となる健康美の持ち主で、現在も国内を忙しく飛び回り仕事をこなす女性で、30代のころからヨーガを続けていらっしゃるとのこと。

 

お二人とも共通していることは、それぞれのペースでヨーガを継続なさっていることです。好きだから、楽しいからという理由もありますが、まずは自分のためにと継続なさっていらっしゃいました。

 

ヨーガ講師の方は、仕事でヨーガをまとまった時間なさっていますが、そうでない方でも、1日に使う時間は僅かでも、継続することで膨大な時間になりますよね。

継続することも才能ですが、継続することが苦手な方は、することを楽しむ工夫をすることで継続できるようにもなります。人のためにはできても、自分のためにとなるとついついサボりたくなったりしますが、することが楽しいとサボる氣も起きませんね。

 

また、細かく目標を設定して、その目標を達成することで達成感や喜びを感じることでも継続することができるようにもなります。

 

仲間と一緒にすることも励みになりますね。

お互いに励まし合ったり、よきライバルとして競いあうことでもお互いに切磋琢磨して成果をだすことができます。

私は、3日坊主だからと諦めているあなた、それは、3日坊主な性格なのでしょうか。あなた自身でそう思い込んでいるだけではありませんか。

もしくは、最初から継続する氣が無いか、それほど興味があることではなかったのかもしれませんよ。

先のお二人は継続することが目標ではなく、継続した先に目標があるので、結果を手にするために継続しています。

 

サボり癖が付くと、ずるずると引っ張られるのですが、サボった時の罪悪感よりも、その氣持ちに負けずに継続できている充実感を味わうことは、あなたの自信にもなり励みにもます。

 

大きな目標を掲げて、『いつかは』と思い続けるよりも、まずはその目標に向かって、毎日コツコツとできる小さな行動をしてみませんか。

その継続は、きっとあなたに自信を持たせて、あなたの実力になり、結果的に大きな目標を達成できることに繋がります。

 

何もしない時間も、何か短い時間でも何かした時間も、同じ時間に変わりはありません。

あなたは、時間をどのように使いますか。

まとまった時間をつるくのは難しくても、隙間時間や、寝る前の短い時間などを利用して習慣化させることで1週間後、半年後、1年後にどのような成果を得ることができるのか想像してみましょう。

動き出さない限り何も始まりません。

 

あなたの未来はあなたが創ることが出来ますよ。