発泡入浴剤の作り方とお風呂の入り方

気温変化が激しくて、身体もびっくりしていますね。

さて、朝晩は気温が下がり身体も冷えやすくなります。

下がった体温を一度リセットしましょう。

 

お手軽に作れる、発泡入浴剤を好きな香りで作って

一日の終わりをゆったり過ごしませんか。

 

発泡入浴剤の炭酸ガスは、皮膚呼吸によって吸収され

直接筋肉に働きかけ、血管を拡張します。

そうすると、末梢血管の抵抗が弱まり血圧が下がり

血流量が増えます。

 

その結果、全身の新陳代謝が促進され、

疲れが回復しやすく、

お湯の熱を全身に運び、身体の芯から温めて

発泡入浴剤の材料の塩の成分により

湯冷めしにくくなります。

 

体内に吸収された炭酸は、肺呼吸によって

体外へ排出されます。

 

溶けていくシュワシュワ感を楽しみたくて、

ついついシュワシュワしている最中にお湯に浸っちゃいますが、

炭酸ガス入浴剤が本領を発揮するのは「全部溶けきったあと」。

泡が消えてなくなるのは、炭酸ガスがお湯に溶け込んで

「有効な炭酸ガス濃度に達しましたよ」というサイン。

ですから、溶かしながら入るよりは、

湯船に浸かる少し前に先に溶かしておきましょう。

 

泡が消えてから1時間半から2時間は、

炭酸ガスがしっかり溶け込んでいて、

上記の有用性が続きますので、

入浴剤を入れてから2時間をめどに入ればOKです。

 

<発泡入浴剤の作り方>

◆ 用意するもの

天然塩(細かい粒子のもの)、クエン酸、 重曹、 精油、 密閉ビニール袋、 輪ゴム

薄手の使い捨て手袋、 ラップ、 秤、 ラベル用シール

 

◆ レシピ(2個分)

クエン酸25g、 重層50g、 天然塩25g、 精油(別記載)

 

レシピ① 肩こり・・・ローズウッド8、 カモミールローマン2

レシピ② 冷え性・・・サンダルウッド5、 ゼラニウム5

 

◆ トライしてみよう!

① クエン酸、重曹を密閉ビニール袋にいれて手早くかき混ぜる。

密閉ビニール袋の口をしっかり閉じて、袋を振ると混ざります。

 

② ①に天然塩を加え、ポリエチレン手袋をはめてしっかりとつかみ、

握るようにしながらかき混ぜる。

途中で精油を加えてさらに混ぜ続け、全体が湿り気を帯びてきて、

手で丸めると固まるようになってきたらストップする。

ビニール袋の外側から、もむようにすると手も汚れません。

 

③ ②を2等分して、それぞれ25cm四方くらいのラップで

全体を包んで丸め、空気が入らないようにしっかり輪ゴムで留める。

 

④ 30分くらいそのまま放置して固め、ラベルに作成日と精油と滴数を記入して貼る。

 

※クエン酸、重曹は、ドラッグストアで販売しています。

精油は、天然のものを使用しましょう。

柑橘系の精油は、入浴時は肌を刺激するので避けましょう。

 

心地よいバスタイムを過ごして、質の良い睡眠をとりましょう♪