無料はお得ではありません

昔から「ただより高いものはない」という諺があります。

ご厚意で引っ越しなどの手伝いをしてくださった方にお礼をするので、業者に頼むよりは実際に高くなったり、無料だからお試しでと誘われて、結局何かを買うことになったりと、色々と日常で経験をなさった方も多いでしょう。

無料と言っても、そこに人件費始め経費が必要になりますので、その経費はどこから出ているのかと言うと、わたしたちが購入している商品代金に含まれていて、その会社の商品代金に無料サービス分が含まれています。

販売促進にも多くの心理学の研究が適用されていて、無料サンプルや無料お試しなどにより、消費者の購買行動に影響を与えています。

 

「無料」とついているものは、実際に体験してもらうことで購入決定の選択をする際に効果があり、消費者側が既に購入することを決めている時に購入プレゼントとして提供される場合には、お金を目に見えないエネルギーが物質化したものと考えた時、エネルギー的にはあまり影響はありません。

なぜなら、既に購入することを決めていて、そのお礼としてのプレゼントなので、ここでエネルギーの循環が成立しています。(その購入プレゼントの代金は、購入する商品代に上乗せされている場合と、会社がこれまでの感謝ということで還元という場合があります)

 

それ以外での「無料」は、程度の差はあれ、試した経験から口コミで宣伝したり『今は買わないけれど今度買う時はこれにしよう』などと、結果的にエネルギーとして時差ありであとから企業に提供する形になります。これもエネルギーの循環が発生しています。

ここまでは、一般的にも良くあることですし、心理的に知らない間にコントロールされている状況でエネルギーの循環が発生しています。

 

そして、一番恐ろしいのは、『無料だから』といって、もともと買う氣もないのに受け取りに行ったり、試したり、利用しようという在り方です。

これは、一見とても得をしているように見えますが、エネルギー的には結果的に一番多くのエネルギーを失うことになる可能性が高いものです。                           「無料」ということで心理的に抵抗が少なくなった分、余計にお金を使うことにもなりやすくなりますし、その利用した会社に直接払うことになるという訳ではなくても、他の部分でエネルギーの損失を招く可能性が高くなるということです。

エネルギーは循環することが自然な状態ですから奪うことばかりしていると、どこかでその分をまとめて循環させる必要が出てきます。なぜなら人によって受け取る器の大きさが決まっているので、ある一定以上は受け取れなくなるからです。

 

まとめて出ていかなくても、日常的に運氣は下がったり、お得感ばかりを選んでいるので自分には価値のあるものを与える価値はないと自然と刷り込みがなされていたりします。

ただ、このサイクルの中に嵌っている時は、そのことには氣がつけません。

昔から、頂き物をしたときは、別の機会にお返しをするという習慣は、マナーだからと言うよりもエネルギーの循環を自然と感じ取って知っていたのかもしれませんね。

 

本当に何かを得ようと思う時、受け取る事よりも差し出すことの方が先になります。

差し出したところに、相応しいものが受け取れるようになっています。

「無料」と言う言葉によって、わたしたちは知らず知らずの内に、コントロールされています。

一番自由でいられるのは、必要と思うものにはそれに対する対価を支払うことです。