枠からはみ出る事は悪いこと?飛び出すことの大切さ

わたしたちは小学校のころから『みんなと同じ』

という教育を受けてきました。

規律を学ぶことも必要ですが、

世の中で成功している方たちは、

子供のころから枠に嵌らずに個性を発揮していた方が多いですね。

 

幼稚園では、個性を伸ばすことを大切にしているところが多いのに

義務教育になったとたんに、行動規制のような感じになります。

 

要領のよい子は、融通を利かせて対応できますが

そうでない子は最初は混乱して、

そのうち氣がついたら枠に嵌っている状態に。

 

そして、大人になったら一般常識という枠に嵌ります。

『あなたの常識は誰かの非常識』 という言葉を

どなたかがおっしゃっていましたが、

まさにそうなのです!

 

自分で自分を縛って不自由になっている状況は、

この常識の枠に嵌っている状態です。

 

自分が常識と思っていることは、

他の人の常識ではないことが多いのに

自分がその常識と思っていることを採択したことに氣がついていません。

 

TV番組で、その地方独特の食べ物や食べ方の紹介がありますが、

地元の方の中では常識でも、他県からすると非常識になります。

 

共鳴の法則に従うと、

似た者同士が引き合って、似た価値観の人たちのグループになりますので

自分の常識が他の人からは非常識になることには氣づきにくくなります。

 

他の人からどう思われるかを氣にして窮屈になっているのなら

あなたのハートの声、直感、あなたにとっての真実に従ってみましょう。

 

驚かれたり、変な目でみられるから嫌だと思っているならば、

それは、誰かがあなたにそのような態度をするのではなく、

枠から出ようとした人に対して、

あなた自身がそういう態度をとるということです。

(そういう行動をするという、あなたの常識を選択したのです。)

 

実際は、応援してくれたり、すんなり受け入れてくれたり

あなたが思っている反応と違う反応を返してくれる人が

いることにも氣がつくでしょう。

 

周りの人と同じようにしていると

ある種の安心感はあるかもしれませんが

本当にはあなたの内側は充たされることはないでしょう。

 

枠からはみ出したら、

窮屈さからは解放されますが、

自分らしく人生を生きるという責任を負うことになります。

そして、同時に自分の人生を生きるための自由が与えられます。

あなたの人生ですから、あなたの選択に〝正しい” or “間違い” はありません。

 

あなたはあなたの人生を自分で創造することができるのです。