本当の自分の人生を生きるということはどういうこと?

日本のこれまでの受験は、殆どがマークシート方式か、1つの正解を答えるものでした。

そして、仕事も誰でも一定の基準を満たすことが出来るようにと、マニュアル化されているものも多く、この場合はこのようにするといったような、自分で考えて決断・判断するという機会もないまま大人になってきている人が殆どです。

 

その結果、大人になってから何か大きな選択をすることが必要なときや、自分の人生をどのように生きていきたいのか自分と向き合うことになったときに、どうしたらよいのか分からない、誰かに答えを聞きたい、だれか教え欲しいというような状態になります。

不適切な依存状態であったり、精神的な自立を必要とする状態であったりすることも多いのです。

 

ここで、誰かに答えを聞けたとしても、その答えはあなたにとってはどうなのかということは分かりません。

あなたが自分で実際に経験をして感じることで、その答えがあなたにとって必要な答えだったかどうかが分かります。

誰かが教えてくれた答えを実行して表面的な結果として望む結果を得られたとしても、あなたの内側では、充実感や達成感、喜びを感じられていなかったり、自信に繋がっていないこともあります。

なぜならそれは、あなたが出した答えではないからです。

 

マニュアル通りに行動するということは、ロボットでもよくて、管理しやすいからマニュアルがあるのです。

あなたが本当の自分を生きようとするとき、誰かに『自分はどうしたらよいか』ということの答えを求めると、その答え通りでは、あなたの人生ではなくなります。

人に相談したとしても、一度自分の内側に落とし込み、本当には自分はどうしたいのかということをあなた自身に問いかけることが必要です。

 

先ずは、外側の誰かに答えを聞くのではなく、自分自身の内側に答えを探しましょう。

あなた自身に問いかけ続けてみましょう。

本当のあなたの内側の声を聴くことが出来た時、その声はあなたがあなたの人生を歩むときの力と情熱になり、あなた自身を支えます。

 

オーラソーマコンサルテーションや、当校のセラピーは、アドバイスではなくあなた自身が本当にはどうしたいのか、自分の内側の声を聴くことが難しいと感じるときに、あなたの声を聴くことが出来るように寄り添います。

あなたの内側の声に氣がついたとき、あなたの真の自分の人生がスタートします。