文字に残すと気付きのヒントを得やすくなります

PCや携帯で文字入力することが多くなり、手紙や葉書など文字でコニュニケーションをする機会がめっきり減りました。

いざ、漢字を書こうと思うと読めてもすぐには書くことができなかったりして、どのくらい文字を書く機会が減っているのかを実感することが度々あります。

書類を作成する際も、ど忘れした漢字を調べながら書くことも多々あります。

使わないと忘れていくものですね~。

メールだとすぐに連絡が取れて便利ではあるのですが、手紙や葉書などでのコミュニケーションも良さがあります。

メールも同じように文章から、送り手の思いや人柄が伺い知れますが、手書きの文字では、更にその情報が増えます。そして、忙しい時間の間に、手紙を書いて、切手を買って、ポストに投函するという付随した行動に費やした時間の有り難さもプラスされ嬉しい気持ちや細やかな心遣いに感動します。

文字を書くことは、受け手だけでなく書く人にとっても違いがあります。

書いたり消したりの作業がしにくいので、どのような言葉を選ぶか心を落ち着ける時間や、文字を書くときに込める想いなどもその文字にしっかりと残ります。

文字を書く作業は、その文字を刻むために身体を使うので、書いた人の想いが細胞レベルでも記憶されます。

ただ、手書きや入力に関わらず、誰かに伝えるための文字だけでなく、文字を文章にして残すことで、自分の内側を整理しやすくなったり、自分の状態をあとから確認しやすくなったりします。

日記は、その日あったことだけでなく、自分の感情などを書きだすので、一日の終わりに自分の内側を整理するのにも役に立っています。

また、夢日記なども、文字や絵にして残すことで、振り返ったときに自分の成長や状況を確認して整理することもしやすくなります。

手書きの場合は、書かれている文字を見ることでも、その日の状態を確認できます。

心が落ち着いているときは、丁寧な穏やかな文字になったり、思考が活発なときや内側に色々な感情が湧き起こり、エネルギーが活性化しているときには、文字も次から次に溢れ出るので少し流れるようなメモ書きのような感じになったりと、その日によっても文字の表情も違っています。

手書きの文字にはエネルギーが残るので、神社の絵馬やお祓いのときの人形に氏名を書くときも手書きになりますね。

筆跡鑑定もあるように、文字にはその人の個性も表れます。

ときには、手書きで書いた文字を見て、自分の状況を客観的に確認するのも良いかもしれません。

また、文字を書くことは手先を使いますし、さらに文章にすることで脳の活性化にもなります。

日記だけでなく、ふっと思い浮かんだ言葉をメモ書きしたり、街で見かけて気になった言葉や、新聞などで目についた言葉などをメモ書きしておくことで、あとから確認すると、自分に必要なヒントだったりキーワードになっていることもあります。

普段、当たり前のように目にしている文字にも、注意を向けてみることで、目に見えないものを感じる練習になります。

そして、目に留まる言葉や、何度も聞く言葉はメモ書きして残しておくと、氣づきに繋がる可能性がありますよ。