感謝の気持ちを大切にすると自分が満たされる

「ありがとう」とあなたは一日に何回言っていますか?

 

11月23日は、新嘗祭(にいなめさい)です。

新嘗祭は、天皇が国家と国民の安寧と繁栄を祈ることを

目的におこなう宮中祭祀のひとつで、収穫祭にあたるものです。

 詳しくはこちらWikipedia

 

天皇がその年の収穫に感謝するご神事で

とても重要なもののひとつです。

 

そして、今日は14時40分に満月になりました。

 

新月で種をまき(意図し)、

満月でその種を刈り取る収穫の時期で感謝を奉げる時です。

 

また、勤労感謝の日でもあります。

仕事をすることができる感謝

わたしたちが役目を果たすために生かされている感謝

多くの感謝と祈りを捧げる日でもあります。

 

毎日の食事で、私たちは多くの植物や生き物の命を頂きます。

食前の祈りの言葉「いただきます」は、

多くの命を頂き、わたしたちが生かされていることに

感謝をする言葉。

 

料理をするとき、食材に「ありがとう」と

感謝の気持ちを込めているでしょうか。

 

“あたりまえ”に過ごせている日々に感謝

 

この“あたりまえ”の日常にどれだけ多くの方が

関わってそれぞれの生活を支え合っているのでしょうか。

 

何かしてもらった時は勿論のこと、

そうでなくても、

あなたが知らないところで

あなたは支えられていることを想い

「ありがとう」の気持ちを込めて

行動できているでしょうか。

 

今日は、心静かに、感謝と祈りを奉げてみましょう。

 

そして、今日だけでなく、

日々、感謝の気持ちを持って過ごしませんか。