気持ちに振り回される人のための、感情をコントロールする方法

昨日は、一年と通した大きな『氣』の流れのお話しでしたが、

今日は、個人的に感じる感情をコントロールしてできるだけ安定させる方法を

見ていきましょう。

 

◇人は人、自分は自分といい意味の区別をつける

 人に同一化しないことです。

共感することは、思いやりや優しさをもって助け合うことができますが、同一化や同調をしてしまうと、人の感情を自分のことのように感じて引き込まれてしまいます。

また、自分の責任において為すことではないことに自ら首をつっこみ、自分で困難を抱える事例もみられます。

 

例1:他の人が注意を受けているのに、自分が注意を受けている感じがしてしまう。

例2:友人が他の人について話しをしているのに、自分もそう思われているのではない

かと心配になってくる。

例3:今日も上司の機嫌が悪いけど、私が何かしたかなと不安になる。   など

 

実際には、もっとほかの要因もふくまれていますが、多くのこういう状況は、自分と他者との境界線が引かれておらず、良くも悪くも自分のことのように思えてしまいます。

こういう場合は、人と自分は違うことを認識し、気持ちの切り替えをしてみましょう。

 

例1の場合:『これは、私のミスではなかったけれど、でも自分も気をつけよう。』

『注意されている点は、自分は気を付けているから大丈夫だけど、

気を緩めずに取り組もう!』

などと、境界線を引いてポジティブに変換してみましょう。

例2の場合:『私のこともその人と同じように思っていたら、私にはその話しを

しないよね。じゃあ大丈夫かな。』

『この子は、そんなふうに感じているんだ。私の価値観と違うんだ。

今まで知らなかった側面を知ったよ。』

などと、相手を知る材料になります。

例3の場合:『上司は、何か会社に着くまでに嫌なことがあったのかな?

まぁ、私には関係のないことだから気にしなくていいや~。』

などと、感情の持ち主は自分であることを意識して、感情の選択をしましょう。

 

◇事故や事件、自然災害などのショックを受けるような動画やニュースなどの情報から離れる

最近は、インターネットで動画の配信や、ニュースにも動画の投稿などで、事故や事件現場、自然災害のリアルな状況を目にしやすくなっています。

悲惨な状況を何度も見聞きすることで、実際に体験した人たちと同じような状況になり、

ショック状態になります。

気持ちが重く沈んでくるようならば、せめて文字での情報収集にとどめるくらいにして、できるだけ、インターネットやTV、新聞などから離れましょう。

そして、自分の趣味や何か集中できるもの、ペットなどに意識を向けて切り替えをしましょう。癒されたり明るく笑えるストーリーの漫画を読んで笑うのもいいですね。

 

◇自分自身にゆとりをもつ

忙しいときは、普段、精神的に安定している人でもイライラしやすくなります。

日々の行動や時間に関することなど、心に余裕をもつことで、一喜一憂せずに落ち着いて対応できるようになります。

 

◇人に話しを聞いてもらう

自分がどういう状況なのか確認できない状況ならば、人に話しを聞いてもらいましょう。

あなたを客観視できる人か、サポートできる人に話しをすることで、あなた自身の気持ちを整理し、あなた自身を客観視できるようになるでしょう。

気持ちが落ちたとき、その原因に気づきやすくなり、その原因に合わせた対応がしやすくなります。あなたが、あなた自身の頭(精神)と心と身体と魂がしっかりつながり、あなた自身の軸をみいだすと感情のブレも小さくなり、気持ちの浮き沈みの幅が小さくなると、エネルギーを感情以外に使えるので気持ちも軽くなりますよ。

 

◇香を使う

ベルガモットやオレンジ、マンダリンなどの柑橘系の香りは、気持ちをリフレッシュさせて明るく前向きにさせてくれます。 特にベルガモットの香りは、落ち込んだ気持ちを引き上げますが、フラットな状態に引き上げるので、精神的な落差の負担を軽減できます。ただし、光毒性があるので、直射日光に当たらない夕方から夜の間に使いましょう。ベルガプテンフリー(光毒性成分除去済み)のエッセンシャルオイルもあるので、お店で確認なさってみてくださいね。

 

気持ちの変化に気づくことができるようになると、人生に必要な気づきを得る機会も多くなります。

気持ちの変化は私たちが何かに気づくサインになっています。

感情に振り回されずに、気づきのヒントを得て、豊かな人生にしたいですね。