自分らしくあるコツとは?自分の役割を果たすこと

これまで意図することが大切とお話しを度々しましたが

意識することは違います。

 

意図するとは、行動をするときに

何のためにするのか焦点をあてることで

ブレを防ぎ、あなたの質を適切にもたらすためにします。

 

行動している時は、今に集中して

自分の内側・自分の中心と、しっかりつながっている状態になります。

 

意識することは、思考やマインドに焦点があたり

自分の内側、自分の中心とはつながりが持てていない状態になります。

なので、意識するとあなたらしくなくなっていきます。

 

例えば、お付き合いを始める前は、

自然体のお互いを素敵だと思って惹かれたのに、

嫌われないようにと意識した途端に

関係性がぎこちなくなったり、窮屈になったりと

自分らしくなくなっていきます。

 

意識するのではなく、自然体のあなた自身でいましょう。

 

意識することと意図することは違います。

意識することは、自然なエネルギーの流れを邪魔してしまう

可能性もあります。

 

例えば、自分の役目は○○だから、

その役目を果たしたいと意識しているときは

それを自分の役目と思い込んでいるだけの可能性もあります。

そんな時、あなたがあなたらしくいれば、

自然とあなたの役目を果たすことになっていきます。

 

女優さんでボランティア活動を始める方もいらっしゃいます。

最初は、女優を目指して成功しますが、

それは、役目というよりも、役目を果たすためのプロセスで

次第にボランティア活動に導かれていきます。

そして、女優になったことで広告塔となり

ボランティア活動のための費用を集めやすくなり、

ボランティア活動を活性化していくことができます。

 

この女優さんが、自分の役目は女優だからと意識して

執着して抵抗していれば、

ボランティア活動を行う奉仕という役目に抵抗することになります。

 

ですから、意図することと意識することの違いを理解して、

あなたはあなたのままで

日々の行動に対して意図しましょう。

 

意識することは、あなたらしくいることから遠ざけますよ。