思い込みを外すと直観を使いやすくなります

あなたの内側の声・直感と直観をいかすとどうなる?で、直観を活かすことであなたが選択をする際により後悔のない選択ができるようになる可能性が高まるというお話しをしました。

人間の直観は90%くらいの確率で的中するという研究結果が出ているのですが、ここで大事なことは最初の直観でだした答えということです。

その直観のあとに、過去の経験から『いつもこういう時はこうなるから』とか、『多分、こうなるんだろうな』などと思考が邪魔したり、見た目から勝手にその人となりを判断したりするような思い込みなどが邪魔をすると直観の判断は的中率が下がります。

自分に自信が持てない時も、『そんなはずはない』といって、直観を打ち消します。

自然災害などでも「自分は大丈夫」といって、非常時の持ち出し袋や、保存食や水の備蓄などの準備をしていなかったり、避難するのが遅れたりということをよく耳にしますが、これは正常性バイアスといわれているもので、この思い込みも直観の判断を邪魔します。

思考で邪魔をしないことが大事ですよということを度々お話ししていますが、わたしたちは何かを判断して選択するときに、直観に従えばよいところを、そのあとから思考が働き出して余計な情報を取り込み、直観を打ち消してしまうことが多いので、訓練が必要になります。

何も余計な情報が入る前に内側で感じた感覚を思い出し実際に行動することで直観を信頼できるようになります。成功体験の積み重ねですね。

 

わたしたちが持つ脳は、1つの行動に対して同じ思考しかできないようになっています。

例えば、仕事をしていると脳を使っていと思っていますが、いつも同じ内容の仕事を繰り返している場合、脳は同じ部分しか使っていないので、消費エネルギーも思ったよりも使われていないとういことが実験から分かっています。しかし、初めて仕事をすることになった時に覚えることが沢山ある時期は、脳はフル活動しています。有酸素運度をしたり読書をする、旅行に行くなど、新しい刺激があると、脳の働きが活性化され神経細胞や神経回路が形成されています。

また、自分とは違うタイプの人や、違う業種の人など、自分の行動範囲外の人との関わりも自分の先入観を壊してくれます。自分が今まで思い込んでいたことや知らなかったことを知ることは、思い込みを外すことになり、脳の刺激にもなります。

「分かるわ~」と言って、同意してくれる人よりも、「そうかな~。」と言って、違う見方を提示してくれる人の方が、思考を柔軟にさせて思考が凝り固まるのを防いでくれます。

共感することが必要なときもありますが、思考の柔軟性をもたらす観点からだと、共感するだけではその状況のサイクルからは抜け出せないということになります。思考の柔軟性は氣づきをもたらします。

思考で邪魔をせずに、自分の直観に従って行動して、検証することでしか直観を磨けません。行動して、検証して、自分の直観に従って良かったと検証してみましょう。

ただし、思考が邪魔をして上手くいかなかったときに、『直観で、こうなることを感じていたんだ』と、上手くいかなかったことを正当化することも直観を磨く際に必要のない情報になりますので、注意が必要です。

 

今は情報が多すぎて、災害時なども混乱を招いたりして問題になっています。

これから先、さらに多くの情報が飛び交い、わたしたちが自分の命を守るために情報の選択をすることが重要になってくる可能性も高く、直観を磨くことが必要になるとも言われています。

他の誰かではなく、あなたの直観を磨き、信頼することが益々求められているようです。