忙しさは忙しさを幸せは幸せを呼びます

こんにちは。

テルミです(^^

先日SNSで、『プリンターに「急いでいる」とか「今日提出日である」とか気づかれないようにすることが大事』というものがありました。

 

本当にそうなんですよ!

日曜日にセミナーで使う資料をプリントしようとして、少し急いでいたのですが、最近度々、パソコンからプリンターへの情報接続がうまくいかないことがあるも、前日の夜までは問題なく作動していたので、大丈夫だろうと思っていたところ・・・。

見事にエラーになりました(~_~;)

どうやら「急いでいる」ことをプリンターに察知されたようです^m^

ということで、パソコンを再起動させて対応できたのですが、「急いでいる時に限って」などということは、あなたにもきっと“あるある”ですよね。

急いでいる波動を出していると、更に忙しくなっていくのです(-_-;)

私が拝見したとき、既に沢山の共感されるかたが「いいね」をつけていましたので、多くの人が経験していることなのでしょう。

 

私たちの体は電気を生じていて体の周りには電磁波体があります。

それがオーラの色として見えていたり、波長が合うなどと言われているものです。

そして、機器も電気で動いているので波長を持っています。

なので、波長の干渉が起きちゃうのです。

 

電気機器など、調子が悪いから修理に来てもらうと、そのときだけは調子が良くて原因が見つけられなかったりするのも“あるある”でしょう。

他の人が使っても何ともないのに、特定の誰かが使っていると不調になるというのも良くあることです。

 

人との関係においても似た現象が起こります。

あなたがリラックスしていると、近くにいる人もリラックスできます。

あなたがイライラしていると、近くの人もイライラしがちになります。

逆もあります。

なので、何か居心地が悪いと感じるような、そんなときは「人は人」「自分は自分」と、

適切な境界線を意識してみてくださいね。

境界線を引くと言っても切り離すわけではなく、接していながらも影響を受けない状態を作ることが出来るようになります。

 

また、部屋の整理や片づけをしていて、必要なものとそうでないものを選り分け、手放すときも、

「いらなくなったから」という想いではなく

「今までお役目ありがとうございました」と、手放してみてくださいね。

物には、使用した人の記憶が残っています。

あなた自身がどのように対応されたら嬉しいか、心地よいかを想像して、そのように実行してみると良いですよ。

同じ手放す行為でも、どのような想いで手放すかによって、違いが生まれてきます。

実際に、試してみて、あなたの内側がどのように感じるか確認してみてくださいね。

 

先の、「急いでいる」という状態のときには、「間に合わせたい」「うまくいくように」という思いが隠れています。

そうすると、「間に合わせたい」「うまくいくように」と思い続けるような状況を引き寄せるので、結果、上手くいかない、順調にいかない状況を創りだすようにもなります。

人であれ物であれ、状況であれ、似たものは似たものを引き寄せるので、

あなたは今、何を想っているかを認識してみましょう。

あなたが望む状態になっていることを想像して、そのときの感覚を感じてじっくり味わう時間をつくってみましょう。

その感覚を感じる時間が長くなるほど、現状が変化しやすくなっていきますよ。

 

今日は、あなたの「想い」が周囲に無意識に影響を与えていますよというお話しでした。

いつも読んで頂きありがとうございます。