幸せも不幸も同じように経験しますがどのように捉えるかが大切です

宇宙の法則はバランスで成り立っています。

プラスとマイナス、陰と陽など二元性の中でのバランスがあります。

そもそも、わたしたちがプラスとマイナス、陰と陽などもその状態の質に名前を付けているだけなので、本来はただ、その現象が起こっているだけでもあります。

例えば、わたしたちが現実的に目にする場面では、土を掘ると掘ったところは窪みが出来て凹み(マイナス)、その掘られた土は違うところに盛り上げられて山(プラス)になります。

わたしたちがエネルギーとしてお金を支払うと(マイナス)、そのエネルギーと同等の価値を持つ何かを手に入れます(プラス)。

人生においては、幸せばかりが続くこともなく、そうでないことも起こりバランスがとられます。ただし、幸せかそうでないかは、その人の捉え方によってもその程度は変わりますが、一般的に幸か不幸かどちらか一方だけしかないという人はいないでしょう。

人生の初期の頃に辛い状況が多く苦労した人は、人生の中年期以降に向けて安定した幸せな状態になる人もいますし、その逆手で、人生の初期には幸せでも後半で苦労する場合もあります。また、幸せや苦労を交互に経験する人もいるでしょう。

人生全体を通してバランスをとるようになっています。

ただ、辛い状況の中でもどこに意識を向けているかにより結果の現れ方も変わります。

辛い状況の中にも小さな幸せと希望を見出し、その場所で出来ることを精一杯取り組み進み続けることで、多くの学びと氣づきがあり、やがて転機と呼ばれる必要なタイミングがやってきます。

そして、そのタイミングも、あなたが準備ができた時に自分で引き寄せたものです。

あなたが、自分の軸からブレずにセンタリングしている状況であれば、どのように選択をすればよいのかは、氣がつくはずです。

 

ただし、自分軸に定まっているのかセンタリングできているのかは確認する必要があります。一番簡単な確認方法は、あなたが本当に大事にしていることから逸れていないかどうかです。表面的な部分ではなく、その背後も含めて客観的に観ることです。

自分軸に定まっていない状態で、ただ頑固な状態となっているだけの場合や、自分がセンタリングできていると思い込んでいるだけの状態の時には、選択していることの背後にあるものまで認識できていないこともあります。

客観的にみると分かることでも、自分ではなかなかそのような状態の時には氣がつくことが難しいので、信頼のおける人に相談するなり、第三者に客観的な視点を提供してもらうことも必要かもしれません。

 

あなたの頑張りは、あなたが望んだ通りの形ではないかもしれませんが、それは未来に成果としてあなたにもたらされます。

あなたが諦めた時にその可能性は無くなるだけで、あなたが諦めなければ、あなたの想った通りの形ではないかもしれませんが、あなたがその中に望む本質は達成される可能性があります。あなたが何に対してどのくらいのエネルギーをどのように注いだのかということが、あなたの手にするものに影響を与えます。