幸せの周波数に馴染むには使う言葉を意識してみることです

先日は、幸せになるには勇気と、幸せの周波数に馴染むことが必要ですよと言うお話しをしましたが、その周波数を変える1つに使う言葉を変えることがあります。

 

自信が持てない時、不安な時、後ろ向きの時は、そのような周波数の言葉を発します。

言葉は音ですから周波数を持っていますので、言葉の意味だけでなく音の周波数としても相手に伝わります。お経やマントラと言われるものは、意味が分からなくても唱えるだけでも良いと言われているのは、その音の周波数が私たちに感じられるからです。

そして、その言葉を発しているのはあなた自身ですから、あなたの状態が言葉に表されています。

 

まずは、あなたが言っている言葉、発した言葉と、あなたの本音が合致しているかの確認をしてみましょう。

素直で不器用な人は、本音しか言葉にできなくて言葉が出てこなかったりする場合は、周囲からは裏表がなくて分かりやすい人だとか信頼できると思われているかもしれません。それに、本音しか言葉に出来ないということは、発した言葉と本音は合致しているということになります。

 

『相手はなんて言われたいんだろう』と相手の空気を読もうとしているうちに話題が移り変わって何も発しないまま終わったりすることがある場合は、相手が求めている答えではなく、あなたはどう感じているのか、どう思っているのかと言うことを自分自身に問いかけてみる必要があるかもしれません。

 

ただ、ここでのあなたが発している言葉と本音が合致しているかどうかと言うのは、本当は『欲しい』と思っているのに遠慮して「なくても大丈夫」と言ってしまうような、思っていることと言っていることが合致していないということです。

言葉を発した時にあなたの内側で何か違和感がある時は、本音は違うことが多いかもしれません。その時、本当はどうなのかと言うことを自分自身に問いかけてみましょう。

 

また、本音をストレートにそのまま発したことで相手を傷つけてしまった場合は、すぐに謝ることが必要ですが、発する前に、自分が言われて嫌な表現の仕方や言葉を使わないように配慮することは必要になりますね。

 

そして、あなたが言われて嫌な感じがしない言葉を使い、相手に伝えることで、あなたも相手からそのような言葉を伝えられるようになっていきます。

あなたが使う言葉、相手にかけた言葉で相手が幸せや嬉しいと感じることが出来たならば、次第にあなたも周囲の人から、あなたが周囲の人にかけたような言葉を受け取ることが出来るようになっていきます。

 

あなたが相手のことを素敵だなと思ったならば、そのことを伝えることです。

どんな些細なことでも構いません。

例えば、お店で美味しい食事をしたあと、レジで「とても美味しく頂きました。ありがとうございます。」とか、髪の毛を切って似合っている同僚に「その髪型に合ってるね!」「かわいいよ!」などと、本当に思ったことを素直に伝えてみましょう。

 

そして、伝えた後の、あなた自身の感覚も確認してみましょう。

伝えたことで喜んでいる相手の様子をみることで、幸せな感じやなんだか心が暖かくなる感じや嬉しい気持ちを感じることが出来ると思います。

自分が言われたわけではなくて、伝えた側なのに、相手の様子を見ることで受け取ることもできているのです。

それに、あなたの身体を使って発信しているので、伝えられた相手よりもあなたの方がその時の感覚を強く感じることが出来るのです。

 

最初のころは恥ずかしい感じもするかもしれませんが、1度勇気をもって伝えることが出来ればあとは慣れるだけです。

ポジティブな言葉を使っているうちに、あなた自身もポジティブになっていきますし、褒められるようになったときに「ありがとう」と受け取ることが出来るようにもなっていきます。

段々と違和感を感じなくなるまで、意識してポジティブな思いやりのある言葉を使ってみましょう。使う言葉が変わってくると、あなた自身の状態も共に変化していきます。