幸せなときもそうでない時も感謝することでより幸せになります

最近、芸能人の結婚が相次ぎ報道されていますが、人気商売と言われている職業では多少影響があるとはいえ一昔前ほど騒ぎにもならず、人として結婚もするだろうし、年齢的にもあり得るでしょうという雰囲気になっていますね。

ただ、ファンの方々の中にはショックを受ける方もいらっしゃることでしょう。

 

これは、芸能人だけに限らず、日常の一見「幸せ」な状況でも、人知れずショックを受けたり陰で泣いていたりする人もいるかもしれません。

皆が幸せな状態であればよいのですが、人は様々な関わり方をしているので、思わぬところで予想外の想いをしている人もいるのです。

だからと言って、周りのことを配慮し過ぎると自分自身の身動きが取れなくなりますし、苦しくなります。それに、自分の認識外のことの可能性も高いので対応のしようもないのです。

 

ただ、自分自身が幸せな時、もしかしたら辛い思いをしている人もいるかもしれないことを思い出して、その人の幸せを思い、その人がいてくれたことで今があるというお陰様という感謝の想いを持つことは出来ます。

感謝と愛は同じくらい波動の高い言葉です。

 

そして、誰かの幸せの陰でショックを受けて辛い思いをしている場合は、人間愛でその人の幸せを祈ることで自分自身の状態を今の状態よりもステップアップさせることが出来ます。

あなた自身の器が大きくなります。

また、ネガティブな感情の状態から、速やかにポジティブな軽やかな状態に切り替えることで必要なタイミングを引き寄せやすくなります。

 過去の関連ブログ  人の幸せを自分のことのように喜べる人に幸せが訪れます

 

誰かの幸せの陰で辛い思いをしているとき、あなたの幸せは違うところで違う人と在るのかもしれません。あなたにはその幸せは必要ではなかったり、今がタイミングではないから今の出来事が起こっているだけで、あなたの幸せが叶わないことが幸せなのかもしれません。

ただ、頭では分かっていても感情がついていかないことも多いもの。

ですから、無理をする必要はないので、あなたにとって何が大切なのかを思い出してみましょう。

ただ執着しているだけなのかどうかの確認をして、執着ならば手放すことであなたに必要なものや人とは出会えるようになります。

 

あなたが幸せなとき、あなたの周囲の方々の幸せを想い感謝することでさらに幸せになります。

そして、あなたが辛い思いをしている時、あなたの周りの人の幸せを祈ることで、あなた自身の器が大きくなり、あなたに必要な幸せを引き受ける準備が整っていきます。