仕事を決められない、就職先を選ぶことが出来ないときに役立つこと

わたしたちは小さな選択から大きな選択まで
毎日選択の連続で人生ができいきますね。

 

小さな選択は、その日の気分や体調などに合わせて
すぐに決めることが出来ますが、
大きな岐路ではそうはいきません。

 

じっくり自分と向き合い、
自分自身に素直に選択することが必要なのですが、
そこまでに色々と葛藤もあったりします。

 

わたしたちは、生まれてくるときに使命と目的をもって
生まれてくるお話しを以前しました。 (経験することすべてに意味がある )
そして、その質をどのようにもたらすのかが大事というお話しはこちら。(自分らしさって何? 

 

これまで多くの会社の社員の方をコンサルテーションしましたが
会社によってカラーがあり、
その組織を作るメンバーである社員が
その会社の大きな使命・目的に沿っていて
それぞれが個性を発揮している状況を目にします。

 

そして、社内での役目に合わせて個性を活かし
自分の仕事をすることを通して会社全体を盛り上げ
よりよくするために協力している状況の会社は
本当に社員がまとまっていて
コミュニケーションがとてもよく取れています。

 

職業の選択や進む方向性の選択をする際に
様々な条件も氣にしますが、
やはり、自分の使命や目的と会社の業種や理念などが
合致しているか沿っていることは大事になります。

 

その際に、自分の役目を自分で認識することは重要になります。
例えば、
お金のためだけに割り切って仕事ができる人もいれば
お金のためだけには働けない人もいます。
どちらが良くてどちらが悪いというわけではなく、
質が違うだけですので、その質にあった業種や仕事内容を
選択する必要があります。

 

お金のためだけには働けない人の場合、
当然、条件よりも内容重視になります。
勿論、条件が良いに越したことはないのですが、
条件だけにつられて選択しても
長く続けることは難しくなる可能性も高くなります。

自分の人生の役目と自分の質と才能を知ることで
職業の選択がしやすくなりますよ。