大掃除は新しいポジティブなエネルギーを呼び込む簡単な方法です

今日も昨日に引き続き冬至に関連したお話しです。

冬至は、エネルギーが陽に切り替わる基点になります。

それまでは陰のエネルギーがピークに達していきますので、陽のエネルギーが入ってくる空間を作る意味でも、ネガティブなエネルギーを手放す意味でも、年末の大掃除を兼ねて物質的にも感情や思考でも手放しのベストタイミングです。

 

思考では、「ねばならない」という思い込みを手放して捉われていることから自由になることで、自分らしく生きやすくなります。

自分の内側に問いかけて、自分を抑圧して制限しているような思い込みや刷り込みがあれば視点を変えてみることで氣づきがおこり、捉われから自由になることが出来たり、「こうなって欲しくない」ということを思うよりは、自分が望む現実が実現している状態をイメージして実際に体感している感覚を感じるというふうにすることでも、捉われていることから自由になれたりします。

 

感情も、思考と同じように、過去の経験によって感じたネガティブな感覚を手放すことが出来るタイミングでもあります。

感情に捉われる必要はなく、起こったことは私たちの成長や何らかの必要性があって起こって、そこから何かに氣づきを得ることが出来れば、そのための経験だったのかもしれませんし、もっとあとから理由が分かるかもしれませんが、それに氣がつくことができたのであれば、感情はその氣づきを得るために私たちの意識にお知らせする役目があっただけです。

ですから、感情に捉われるよりも、氣づくことが出来れば、それは生きる糧になります。

 

物質的には、水拭きをして埃を拭き取り、必要のない物や必要のなくなった物を整理して心地よい空間を作る事です。

物もネガティブなエネルギーを吸収して記憶していますから、空間のエネルギーを変えるには、今であったものを出来るだけ減らしていくことがネガティブなエネルギーを減らすことになります。

 

家全体の掃除と整理は、間に合わない!という方は、寝室をまずは先に取り掛かりましょう。就寝時間に潜在意識は活発になりますから、自分の状態を整えるには寝室を整えることを優先してみましょう。

風通しを良くすることでもエネルギーの循環も活性化します。

余裕があるならば、シーツやカーテンなどのファブリック類も洗濯できるとよいですね。

そして、シーツも新しいものに交換するのであればこのタイミングでしょう。

 

また、お風呂に入る時に、湯船に日本酒(コップ1杯くらい)とミネラル豊富な塩(天然塩)を1つまみから15g程度入れて浸かることで、身体の浄化にもなります。

お肌もつるつるになりますが、アルコールに弱い人は日本酒の量を加減しましょう。

人ごみの中に出かけた日の夜にも最適な浄化方法です。

 

今年だけでなく、これまでの状況を整理してステージアップするならば、見えるものも見えないものも整理して手放すタイミングにあります。

心軽やかにすっきりとした気持で新年を迎えたいものですね。