言葉使いが運命に影響を与える

今日も、感謝に関連したお話しです。

あなたは感謝を伝えるときに

「ありがとうございます」と「済みません」

どちらの言葉を使うことが多いですか。

 

「済みません」は、相手に謝罪や感謝や依頼をする時に

使用する言葉でから、感謝を伝えるときに

使用してもよいのですが、

相手に謝罪をする時にも使われるので、

ニュアンスが「ありがとうございます」とは

違ってきます。

 

「済みません」と言われた相手に、

あなたは何も悪いことをしていないのに、

「申し訳ない」となんだか謝られたような

ニュアンスが加わって伝わります。

 

感謝を伝えるときに

ついつい「済みません」と言っちゃうあなたは、

相手の心遣いに感謝しつつも

『何だか、申し訳ないな』という気持ちもどこかにある、

思いやりがあり優しいけど自己評価が低い可能性があります。

 

申しそうならば、今から「ありがとうございます」と

意識して使ってみましょう。

素直に嬉しい時は、「ありがとうございます」と

伝えてみませんか。

 

「ありがとうございます」と伝えられた相手は、

純粋に嬉しくなります。

そして、あなたが受け取った優しさは、

他の誰かに優しくすることで循環していきます。

 

優しさを差し出してくれた本人に直接返さなくても

循環することで、その人に違う形で届きます。

 

そして、あなたも誰かからの優しさを

受け取ることを許可してくださいね。