余裕を持つことはあなたが最高の状態でいることを助けます

これまでにも、“一生懸命”とか“精一杯”という言葉を多用してきていますが、

無理をしたり、頑張り過ぎたりするのとは違います。

 

自動車のハンドルと同じで、遊びの部分が必要です。

遊びがないと、少しの操作で急激にタイヤの動きが変化をしてしまい高速で走る自動車にとっては危険な状態になります。

遊びがあることで、安全に自然に車線変更やカーブが曲がれます。

 

わたしたちも自動車と同じで、遊びの部分である余裕が無いと、行動が極端になりますし、何よりも状況把握が出来ずに適切に対応することが難しい状況や混乱を招く可能性が高くなります。余裕があることで臨機応変に対応することが出来、柔軟な行動をとることが可能になります。

 

ゆったりと落ち着いて、心にゆとりがあることで、イライラもしなくなります。予定外のことが発生しても、すぐに受け入れることが可能で、柔軟に対応することができます。

“過ぎている”状態や、“一杯一杯(いっぱいいっぱい)”の時には、心にゆとりがないので、予定外のことや突発的なことが発生したときに、予定通りのこと以外は受け入れることが出来ずに、パニックになったり、思うとおりに進まないのでイライラしたりすることになります。

 

時間にも余裕は必要ですね。

子どもの頃にタイムスケジュールを作って、全てをぎりぎりで組んで、少しでもずれてしまうと調整が出来なくなる経験をした方も多いでしょう。自由な時間や休憩時間などで調整できるようにすることをこの時に学びました。

 

あなたが、イライラした時、“し過ぎ”になっていないか確認してみましょう。

“一生懸命” “精一杯”の状態には、余裕も含めましょう。

余裕がある状態の方が、適度に身体の力が抜けるので能力も発揮しやすくなります。

時間における余裕は、わたしたちの命にも関わる危険性もありますので、一生懸命や精一杯には余裕もセットで含まれていると考えましょう。

余裕をセットすることで、いつもあなたの能力を発揮しやすくなりますよ。