何か良いことないかと探す時は不安定

“いいこと”が起こっていない現状だから

なにかいいこと、楽しいこと起こらないかな

と思っているあなた。

 

何かいいこと、楽しいこと起こらないかなと願うことは

今現在、いいこと楽しいと感じることが起こっていない

なにか満たされない感じがあったり

先のことを考えて不安になっている状態ですね。

 

何かいいこと、楽しいことが起こらないかなと、

いつも言っている、いつも願っている

ということは、

何かいいこと楽しいことは、

起こらない現状があることを

潜在意識に刷り込みをして、

それが、実際に実現している状況です。

 

そうなると、どんどん満たされない、

不安な方向に意識も向くし、

願えば願うほど望む方向とは違う方向へ進みます。

 

では、あなたにとって何かいいこと、

何か楽しいこととはどんなことでしょうか?

 

非日常のことが起こり続ければ日常になります。

 

あなたが当たり前と思っていることは、

初めて経験した時、それはいいこと、楽しいことだったかもしれません。

そのことをすっかり忘れていることも。

 

それに、何かいいこと、楽しいことを探しているうちは

きっと見つからないでしょう。

実際に経験してみないと楽しいかどうかはわかりません。

そして、何かいいこと、楽しいことが

ドラマティックな出来事で、

本来はなかなか起こらないことだったりすることを

夢見ていることも。

 

ストレスマネジメントの観点からみると

幸せな出来事も人間はストレスを感じることが分かっています。

それがドラマティックだと、

どのくらいのストレスを感じることか!

 

何かいいことないかな、楽しいことないかなと

思っているあなたは、

小さな非日常を取り入れてみましょう。

 

通勤ルートを少し遠回りするルートに時々変えてみる。

朝、出かける時間を少し早くしてみる。

いつも降りる駅の一つ手前で降りてみる。

小さなことで何でも構いません。

 

そこには、今まで氣づかなかった発見があるでしょう。

 

何かいいことないかな、何か楽しいことないかなと思うならば、

非日常をあなた自身が作りだす行動をしましょう。

待っていても、何かいいこと、何か楽しいことは

向こうからはやってきませんよ。

自分で作りだしていきましょう。