今の状況が分かれば心が軽くなる。今のあなたに必要なこと

わたしたちは皆、未来がこうなるという保証があるわけではなく

ある種、綱渡りをしているような状態で

今に集中をしつつ、時々立ち止まって、

進む方向性を確認するために全体を見回します。

 

このとき、自分の進む方向性を確認する手段の1つとして

コンサルテーションを利用することができます。

 

困難なことに対する解決の方法を見出す時だけでなく

今、自分がどのような状況で

これからどのような方向に進もうとしているのか

そして、それは自分の人生の目的に沿っているものなのかを

自分自身で客観的に確認することが可能です。

 

実際にコンサルテーションを受けたクラエントは

「受ける前は自分がどんな状況なのか知りたくて

ワクワクする気持ちと不安な気持ちもあったのですが

受けることで安心してホッとしました」と

笑顔で帰られます。

 

この不安な気持ちは、

自分の人生の目的に合致した方向に進んでいるのか

そして、そのために必要な行動を実際とれているのか

合致した方向に進むために決断をしたけれども

その決断は本当に良かったのか

など、潜在意識の領域では認識できていても

意識の領域(思考やマインドの領域)で

認識できない部分があるために起こるものです。

 

その意識では認識できない部分を知ることで

安心することが出来るのがコンサルテーションの

ある1つの側面です。

 

この場合は、ある状況下での細かい質の使い方というよりは

過去から未来へ繋がる人生の大きな流れのなかで

あなたが、今どのような地点にいるのかというようなことを

中心に進めていきます。

 

また、この場合にコンサルテーションを受けるもう一つの利点が

コンサルタントはあなたにこれまで直接的な関係もなく

なんの先入観ももたず、

中立的な立場で第三者として

客観的にただありのままの状態を確認することをお手伝いを

しているということです。

 

友人や親、兄弟などのように

直接関係していないから話しやすい状況もあるのです。

相手のことを想うと自分を抑えてしまう傾向がある

場合などには特に重要なことです。

これまで、本当の自分を出せずにいた場合も

外に見せている顔とのズレが生じていて

認知に歪みがでて、客観的に観ることが難しくなります。

ですから、自分のことを何も知らない人に話しをすることを通して

客観的に自分の状況を確認することがあなたの安心にも繋がります。

 

あなたの今の状況を確認することを通して、

自分自身を信頼することがどういうことなのか

また、自分が自分と思っている自分ではなく

本当の自分が自分の中に存在していることを

あなた自身が知る機会になることでしょう。