今だから出来ることがあなたの未来を変えます

今、家にいる時間が増えたり、1人でいる時間が増えたりしている人も多いことでしょう。

このような時期は、出来ないことに意識を向けるより、出来ることに意識を向ける方が時間を有効に使うことが出来ます。

 

大変革期を迎えている今、私たち個人も大きな変化を迎えるチャンスでもあります。

状況的には大変な状況なのですが、社会的に対して個人で出来る対応をしつつも、そのなかで自分の意識を変えることもできます。

状況がどのような状況であれ、自分の内側では大きな変化を起こすことが出来ます。

この時期をどのように過ごすかが、この先の自分にも大きな影響を与えるのは、既にご存知の通り「今ここ」での自分の在り方が未来を創るので、当然のことになります。

 

未来に可能性を開く方に進むことを望むときに、今の状況は準備の期間とも言えます。

その場合、今までと同じことをしていては変わりませんから、今まで自分が苦手としていることや新しいことにチャレンジしてみましょう。

苦手と思っていることは、自分がそのようにある地点で思い込んだだけで、その時から多くの経験を積んだ今ならば出来る可能性の方が高いのです。

ただ、自分には向いていない、無理と思い込んでそれ以来チャレンジしていないのならば、今なら出来ることにも氣がついていません。

 

チャレンジすることで、あなたがこれまでどのくらい成長することが出来たのかも認識してあなた自身を認める機会にもなることでしょう。

そして、それまでの自分よりも器が拡がったことで、より多くのチャンスを得ることも可能になります。

 

生まれてくるときに約束してきた大いなる意思に従うというと、受容的に聞こえますが、これは待っているだけでは果たすことが出来ずに、能動的に自分から動くことが必要になります。あなたが自分から動くことで、その大いなる意思に近づいたり、氣がつくことになります。

 

俳優さんでも、「子どものころから人見知りが激しくて、人と話すのが苦手だったり人前に出るのが苦手なんですけど・・・」と話される方が、とても人気があって注目されていることもあります。

一度は、向いていないねということで芸能界を辞めていたのに、なぜか自然と再出発することになって今になっているという方もいらっしゃいます。

 

あなたの意識で苦手と思っていることでも、他の人から見たら魅力として受け取られることも多くあります。

また、苦手であるからこそ氣がつけることがあって、その経験をした人にしか分からないことが、周りの誰かの役に立つことや必要として求められることがあります。

 

自分で自分の可能性を決めずに、あなたの内側で惹かれるものや、意識で苦手と感じているものがあれば、今の状況でもできることから取り組み始めてみませんか。

今年、新たに取り組んだことは、あなたの人生をよりポジティブに変革させることに繋がることでしょう。