“今が良ければ” と言う意味ではない “今ここ” の意味

“今ここ” に意識を向けることに度々触れていますが、この“今ここ” に意識を向けるとは、今のことだけをしていればよいということではなく、視野を広げ全体を俯瞰したうえで、先のことを心配したり、不安になったりして落ち込んで諦めるのではなく、今する必要のあることを、“今ここ” に意識を向けて取り組むということです。

 

あなたの中に何か目標があるのであれば、その目標に向かって今できることに取り組むことになります。

具体的な目標がないときには、あなたがどのような生き方をしたいのか、どのような在り方をしていたいのかをいうことに沿って “今ここ” に意識を向けて行動してみましょう。その行動をしている中で目標が設定できるようになっていきます。

 

目標が見つからない時、やる氣も起きにくくなりますが、そんな時こそ今がよければという短いスパンではなく、意識を拡大して、あなたがどのような生き方をしたいのか、どのような在り方をしていたいのかということと向き合いつつ、今できること・今することが必要なことにまずは取り組んでみましょう。

 

動いていくことで、状況や関わる人などが少しずつ変化して、新たな流れができていきます。その際に、あなたがどのような生き方をしたいのか、どのような在り方をしていたいのかと言うことがあなたの中にあれば、何か選択をする時に指標となり、誘惑やお試しが来ていることを確認することが出来ます。

“今ここ” の捉え方を間違えて “今ここ” しか見ていないと、流れとして向こうからやってきた人やものごとが自分の大事な本質からブレていないのかどうかを感じることが難しくなります。

 

もし、誘惑やお試しで躓いたとしても、諦めずにまたそこから始めればよいのです。

誘惑やお試しで経験したことが学びとなります。

 

“今ここ” に意識を向けるとは、将来に対して不安や恐れがある場合や、先のことを考え過ぎて行動に移すことが難しい場合に、あなたがどのような生き方をしたいのか、どのような在り方をしていたいのかというあなたの軸を持ったうえで、今できることや今取り組むことが必要なことに対して、“今ここ”に意識を向けるということです。

そうすることで、集中することができて、あなたが “ただ在る” という状態になり、思考や感情に捉われずにいることがしやすくなります。

 

関連記事 目標があった方が良い時、目標がなくても大丈夫な時