人との出会いに気づくことで人生が変わり始める

人のご縁は不思議なもので、

出会ったことで人生が大きく変わったり様々な影響を与えていますね。

 

すべては繋がっていることを思うと

“情けは人の為ならず” という諺があるのもその通りで

人に親切にしていても、自分に返ってくる循環という意味だけでなく

自分にも優しくしているということです。

 

“お陰様” という言葉が日本にはありますが、

わたしたちは何かしら誰かの影響を受けています。

その人がいるお蔭で、私たちは氣づきを得ることができたり

支えて頂いたりしています。

 

誰かの役に立っているようで

自分の生きがいになっているのならば自分のためにもなっているし

助けを必要とする人がいてくれるので

自分を活かせる場があるのです。

ですから、どちらが偉いというような上下関係はなく、

お互い様でお陰様なのです。

 

そして、受け取るだけでなく

あなたも誰かのお陰様になっています。

それは、何か役に立とうと思って行うことではなく

あなたが意図しないところでも誰かのお陰様になっているのです。

 

そして、人だけでなく、見えない何かのお陰様もあります。

それは、理由を説明できない一般的には「不思議だね~」という

言葉しかでてこない一瞬の出来事でのご縁だったりと

本当に偶然という必然でのご縁など様々です。

 

わたしたちは、“わたし” という人格をもちながら

状況によってその都度、色々な役割を担って人と関わります。

“わたし” を見せる鏡になって、

時にはやりたくない役を演じている時もあるでしょう。

その役を演じてくださるお陰様に感謝です。

 

一期一会という言葉ありますが、

出会ったその時、関わっている “今” を大切に、

出会ったことに感謝し、相手のことを想い

丁寧に関わることから多くを学びたいものですね。

 

人は人と関わることで氣づきを得ることができ、

支え合えることができ、助け合い、分かち合えるのです。

そして、それは自分という枠を超えていくことに繋がります。

 

あなたの回りのお陰様に感謝しつつ、今日も元気に過ごしましょう。