他人がよく見えるときは飛躍の時

朝晩の気温差が激しくなり、

街路樹の葉が様々な色に色づき、

真っ青な空に映えていました。

 

夏の山の緑もよく見ると同じ緑はなくて濃淡があったり

青味の緑や黄みの緑など様々です。

でも、この微妙に違って同じ色がないから美しいと

感じる景色なのですよね。

 

自然の木々の色が同じじゃないのは、

私たちそれぞれの色が違うのと同じです。

人と比べて同じじゃないということは、

あなたの個性がしっかり発揮されているということです。

 

「あなた変わっているね」

この言葉は、あまりいい感じがしないかもしれませんが、

「あなたって、個性的ね」ってことです。

あなたにどんな質があるかわかりやすいということです。

 

人と比べて落ち込んだりする必要はありませんよ。

人と比べて違いが見えたときに、

あなたは自分の質を知ることができます。

 

その違いの集まりで社会を作ります。

自分の得意なことに意識を向けて

笑顔で前を向いて胸をはって進みましょう!