不幸の連鎖はネガティブな思考パターンの悪循環から発生します

オーラソーマカラーケアコンサルタントの勉強を始めたとき、学んで成長することで悩まなくなるしショックな出来事や辛い出来事は起こらなくなるものと思っていました。

でも、成長すればそれに見合ったチャレンジがやってきて、それなりに試行錯誤することがあったり、辛い出来事も相変わらず起こったります。

ただ、学ぶことや氣づくことができるようになったこと、そして、ものごとの捉え方を学んだことで、悪いことが起こったと認識しなくなりました。

 

一見悪いことが起こったように見えるとき、それは、次に進むためのチャレンジがやってきているときや、次に進むために整理することが必要なときで、『わぉ! お試しがきた!』とは思いますが、今の自分で大丈夫だからその経験がやってきているので、落ち着いて取り組むことでステージが上がります。

在り方を学んだことで、過去においては起こった出来事に振り回されたり、ネガティブな思考パターンに嵌っていたことが、すぐに軌道修正することがしやすくなりました。

 

ネガティブな思考になると、杞憂と言われるようにどんどんネガティブな方向に進み、辛くなっていきます。

負のスパイラルに陥っている時、出来るだけ早く軌道修正することが必要なのですが、1人では難しいこともありますが、まずは、ネガティブな思いは自分の外に全部出しちゃいましょう。

 

コンサルテーションでは、話しを聞くことでクライアントの外にネガティブな思いを外に出すことをしていきながら、クライアントの内側を整理して内側にあるポジティブな側面を見出していくことをサポートしますが、1人対応する場合は、ネガティブな感情を紙に書き出して、燃やすなり破いて捨てることをしていきます。

自分の外に手放したことを体感しましょう。

 

あなたの中のネガティブな感情が手放されフラットな状態になるのをあなた自身で感じてみましょう。

もし、まだネガティブな感情が残っているようであったり、ふっと不安になってネガティブな感情が湧き起こってきたりするならば都度、速やかに紙に書き出して手放し、あなたの状態が重くなっていないか確認しましょう。

 

また、あなたに幸せと思えることが起こったときは、その御礼として、人のためにエネルギーを物質化したお金を使いましょう。一般的には寄附になります。

これでエネルギーのバランスを取ります。

幸せなことが起こったときほど、寄附をするなどして人のために何か行動しましょう。

そうすることで、ポジティブなエネルギーの循環が起こり始めます。

あなただけが幸せになるのではなく、あなたが幸せになることで周りの人や多くの人が幸せになることが、あなたが使命を果たせている状態でもあります。