不安や恐れは相手に伝わります

今、あなたは軽やかに過ごせていますか?

といっても、耳に入ってくる情報や目にする情報からは、そのような情報は少なく、なかなか軽やかにとはいきませんね。

そして、どうしても重くなりがちで、緊張や不安から余裕がなくなって、なんだかギスギスした雰囲気になりがちで、争いや不満があちこちで起こっているとニュースになっていますね。

未知のものに接する時、どうしても不安になったり恐れたりしますが、自分を守ろうと攻撃したり相手を排除しようとすると、共鳴の法則がありますから、相手も同じような状態になり攻撃的になります。

これは、人だけでなく動物もそうですし、波動をもっているものは共鳴しますね。

 

先日SNSに、トイレットペーパーが最後の1パックしかなかったのを購入ようとしていた女性が投稿していたのですが、あとから来た男性が家に交換用がなくて困っているのを店員さんとの会話から知って、その男性に「ちょっと待っていてください。」と話して、購入したトイレットペーパーの袋を開けて、その男性に「これだけで足りますか?」と言って、2・3ロール分けたそうです。

その男性は、「1人なので、当面は充分足ります。ありがとうございます、感謝します。」と言って、お礼がしたいのでと言って連絡先を交換してその場は別れたそうです。

その後、連絡を何度かしてその2人はデートを重ねているそうです。

自分も困っているのに、相手も困っているだろうからと分かち合うことを選択した思いやりのある女性ならば惹かれますよね。

そして、男性も自分に必要な分だけを受けとる配慮が出来るのですから、好感が持てます。

その後の経過は分かりませんが、このようなご縁だと、何かあったときに助け合うことが可能になります。

 

今の状況は、私たちがどのように在るのかということを問われているようですね。

東日本大震災から9年経ちましたが、状況が違うので比較するのも違うのかもしれませんが、それでもその9年の間に様相が随分と変わってしまったような雰囲気です。

 

私たち一人ひとりの内側の状況が外側に反映されているとすると、自分の在り方を先ずは確認して、どのように在るのかを知り、もし何か違うと感じるのであれば修正することも必要ですね。

それには、自分自身を信頼して、腹を据えて自分軸に定まること、センタリングすることが必要になります。

そして、お互いを思いやり尊重し合い、助け合うことが必要になります。

あなたが自分のことを大切にするのと同じように、相手も相手自身のことを大切にしているのですから、お互い様ですね。

 

競争して奪い合うよりも、お互いに助け合っていく方がより良いものを生み出すことが出来ます。

1人ではできないことが協力することで沢山のことが出来るようになります。

そのためにも、自分の内側でバランスと調和をとり、優しさと思いやりを持って関わっていくように意識したいですね。