ポジティブな生き方が人生を明るくしてくれる本当の理由

鹿児島では2日・3日とはおはら祭りが開催され、

和太鼓の演奏と大勢の踊り連が続き活気に溢れ賑やかでした。

 

和太鼓の音は、他の楽器と違い、

お腹に強い振動が良く響きますね。

 

音は波長がありエネルギーがあります。

エネルギーは、活動する際の源として使われる力で

私たちの内側に気力、活力としてもっているものですが、

身近で一番よく使っているのが音を持つ言葉です。

 

言葉は波動なので、波長がありエネルギーを持っています。

私たちは、口を使って音(言葉)を発し、

その発した音(言葉)を自分の耳でも聞いています。

ですから、言葉を聞いた相手よりも、

発した本人の方が、発した音(言葉)のエネルギーを

聞いた相手よりも受け取り、記憶していきます。

 

その言葉のエネルギーを昔から言霊と言っています。

ポジティブな言葉にはポジティブなエネルギーがあり、

ネガティブな言葉のエネルギーは、

ポジティブなエネルギーよりも強力なのです。

 

ポジティブな思いを持って行動していることよりも

こうなって欲しくないと思う否定的なネガティブな思いは

2~3倍の速さで実現しやすくなります。

 

もし、ネガティブな状況が実現したからといって

諦める必要はありません。

ネガティブな状況を実現する力を持っているということは

ポジティブな状況も実現する力を持っているということです。

 

ここで、ポジティブ・ネガティブという表現をしましたが、

良い悪いということではなく、

例えば「~ねばならない」というように自分に強制したり

無理強いするような自分の可能性を制限するような言葉を

ネガティブと表現しました。

自分の可能性を広げるような言葉や言葉使いはポジティブとして

表現しています。

 

普段あなたは、どのような言葉を発していますか?

普段の口癖や、使っている言葉に意識を向けてみましょう。

 

ポジティブな言葉を発することが増えると

あなたの内側にポジティブなエネルギーがたまっていきますよ。