辛い時の受け止め方、ピンチをチャンスに変えるコツ

何かうまくいかない時、もうだめかもと思った時、

その強度の大小はあれ、誰もが経験していることでしょう。

 

本来は、調子の良い時こそ注意を払うことが必要で、

そうすることでピンチを回避できることになったりするのですが、

人間、なかなかそうもいかないのですよね。

それに、前もって対応できるピンチばかりでもありませんしね。

 

調子よくいく時は、そうなる前に調子が良くなるような動きをしていて

その結果、調子が良くなっています。

 

では、ピンチはなぜ起きる?

もちろん、調子の良い時に適切な対応ができていれば

ピンチは起きない可能性高いです。

なので、ピンチが起きるときは、

『今までと同じでは何か違いますよ~』

『ここで何か気づくことが必要ですよ~』というお知らせ。

 

そして、ピンチになったときに立ち止まり

周囲を見渡し、現状を確認することになります。

また、あなたの中にある智慧に気づく機会になるかもしれません。

違う見方をすれば、ピンチになったということは、

その地点に到達するまで成長したとも言えるかもしれません。

これまでの思い込みを手放すチャンスであったり、

あなたの殻を破るタイミグなのかもしれません。

 

ピンチを乗り越えようと思う必要はありませ。

乗り越えようと思うことは、乗り越えられていない自分がいると

刷り込むことになりますから、自分を信頼して、

ただただ、“気づいた”する必要のあることに一生懸命に取り組みましょう。

 

でも、必要のない苦労はする必要はありませんから、

避けられるピンチであれば回避できるように

事前に状況を確認する機会を設けたり、

調子のよいときこそ注意を払うことが重要ですね。

 

ピンチを恐れず向き合い、可能性を広げましょう。