チャレンジすることで扉が開きます

イヤリングは、耳が痛くなるからつけないという友人がアクセサリーのお店で、留め具がシリコン素材でスプリングになったイヤリングをお試ししてみることに。デザインは可愛くて好きなのに、痛くて使わないからと言って眺めていた彼女、でもつけるだけならとお試しでつけてみることに。

そして「痛くないね!」「かわいいねぇ。」と気に入った様子。

 

今は、金属アレルギーの方向けや、留め具の痛みを感じない素材も様々な種類があり、これまでつけることが出来なかった人も付けることが出来るように製品も進化しています。

色々なものは変化し続けていて、唯一変化しないものは、“変化し続ける”ということです。

 

わたしたちは、一度経験して不快に感じたことは避ける傾向があります。そうすることで自分自身を守り安全を確保しようとする自然な働きではありますが、それによって可能性を狭めてしまうのも事実です。

 

ただ、私たちは成長し変容し続ける存在です。ですから、経験したその時は不快に感じたり、何かうまくいかない感じを受けたとしても、次に経験した時に前と同じように感じるとは限りませんし、同じ結果になるとも限りません。

 

アロマセラピーではよくあることなのですが、ある時に嗅いだ香があまり好みではないと感じた香が、別の日に香を嗅ぐと、好ましく感じることもあります。これは、その時のホルモンバランスの影響受けていて、身体や感情の状態も変化するので好みが変わり必要とされることもあります。ですから、一度好ましくないと感じたエッセンシャルオイルも避けないようにしています。

 

命に関わる事に関しては何でも無謀にチャレンジするのは違うでしょうが、日常の経験のなかで、一度経験して上手くいかなくて避けているのに、何か引っかかったり、氣になったりすることがあるのならば、自分には無理、自分には合わないと決めつけずに、もう一度チャレンジしてみませんか。

 

あなたもあの頃よりも成長し、状況も変わっています。上手くいかなかったあのころとは違った感覚を体験する可能性もあります。

 

先の彼女は、「かわいいし、今まで諦めていたけど、やっぱり買ってよかった!」と、

ワクワクしてチャレンジする楽しみを感じることができ、また新しい可能性の扉を開けたようです。

 

小さなチャレンジでも、今までのあなたのパターンを変化させ、あなたの内側にある今まで氣づいていなかった新たな発見をすることでしょう。