ありのままのあなたは既に美しく調和しています

「8」の数字は、横にすると無限大のマークになり、循環や豊かさを象徴しています。

この無限大のマークは、「アナレンマ」と言われる、年間を通して定点から同じ時間に太陽を撮影したときに空に描かれます。

画像 ナショナルジオグラフィック

 

太陽を中心として地球と金星の動きはとても美しい幾何学模様が浮かび上がります。

動画 Earth Venus Tango round the Sun

 

地球と中心とした惑星の軌跡もそれぞれ美しい動きになります

動画 Planets’ orbits around earth

 

このように、惑星は法則に従って規則的な動きをしていますが、それぞれがとても美しい動きで見とれてしみますね。

惑星の動きは、質量や重力の影響の影響も受けているのですが、その動き自体がエネルギーを持ち、美しさを持っています。

また、巻貝の渦巻きや、ひまわりの種の並び方、蜂の巣の構造、動物の模様などにも法則性があり、ありのままで美しいことが分かりますし、とても神秘的で、自然の驚異を感じます。

 

このような自然の法則のなかで、私たちも生きているのですが、日常生活で時間に追われ、目の前のことに追われていると、自然の中の一部であることを忘れてしまいます。

ですが、私たちの内側にも自然の法則に影響を受けている部分があります。

体内時計も太陽の光の影響を受けていますし、季節の変化も宇宙の法則ですし、重力も引力もそうです。

そして、私たちの体にあるとされているチャクラというエネルギーポイントも、太陽光線の中の可視光線の波長とも関係があります。

 

あなたが自分らしくないと感じたときや、混乱したり苦しくて自分を見失いそうになったときは、太陽の光を浴びて、大地に触れ、自然に触れてみましょう。

本来は、調和がとれた存在なのですが、人工物に囲まれて自然と切り離される環境に身を置く時間が多く、調和が乱れやすい状態になっています。

 

美しく調和がとれた環境の中の一部として存在していることを思い出すためにも、意識して自然に触れてみませんか。

朝起きたときに朝日を浴びるだけでも睡眠サイクルは整いやすくなります。

不安を感じたり、精神的に弱ったときも日光に当たることで落ち着きやすくなります。

身近にある自然を感じることから、少しずつでも自然の法則と調和した状態にもどりましょう。