あなたの質や才能・魅力を自分で知ることで生きやすくなります

友人からオーダーのイヤリングを作成していたのですが、使っていたラジオペンチに力を思いっきり入れることが必要で、細かい作業がなかなかしにくく、途中でもう一本別のラジオペンチがあるのでそちらに切り替えました。すると、とても使い心地が良く作業効率が上がり、細かい作業も楽になりました。

よく見るとラジオペンチのかみ合わせ具合が少し悪く隙間が空いていたために、力一杯握らないと隙間が埋まらない状態だったようです。

 

わたしたちが何かをしようとする時に道具を使いますが、その道具をどのように使うか、どのように手入れをするかで仕事の内容が随分と違った結果になります。

職人さんや美容師さんなど技術を持つ方が、仕事で使う道具は自分専用のものを持ち、毎日丁寧に手入れをして大切に取り扱っているのは、やはり仕事の内容に大きな影響がでることと、自分のなすことに必要不可欠な大切なものだからですね。

その道具をどのように使うのかということが、結果に大きな影響を与え、違いを創りだします。

 

この道具、わたしたち人間に当てはめると自分の質、才能、能力とも言えます。

これらのものをどのように使うのか、どのようにもたらしていくのかと言うことが、結果に大きな影響を与え違いを創りだします。

真摯に取り組み、当たっていることに対して、自分の質をどのようにもたらすかということは、今この瞬間にしかできません。そして、そのもたらす質も使わなければ磨かれず、使い方も分からないままで、ただ埃をかぶるだけになります。

持っているにも関わらず、使わない場合は、とても生き辛くなります。

持っているのに、持っていないと勝手に追い込んでいる場合も使っていないのですから同じく生き辛くなります。

なぜなら、わたしたちは自分の人生を生きるのに必要な質と才能・能力を持って生まれてきているのに、何を持っているかに氣がつかずに、使っていないのですから、生き辛くなるのは当然なのです。

 

あなたが当たり前に出来ていることは、他の人からしたら当たり前ではないことも有るのです。あなたは持っている質や才能・能力をもっているのですから、出来て当たり前と思っているかもしれませんが、そうでないその質や才能・能力を持っていない他のひとからすると、とても有り難いこと、素晴らしいことになるのです。

 

ですから、あなたが持っているものに氣がつきましょう。

あなたが行うこと全てにあなたの質や才能・能力をもたらすことは、あなたらしさの表現になり、あなたの魅力になります。

そして、使うことでさらに磨かれて輝きを増していきます。