あなたの心が軽くなる選択をしていますか

30日平成最後の日は雨でしたね。

雨で残念と思うか、浄化の雨と思うかは、普段のあなたの思考パターンに寄ります。

 

雨は、空気中のPM2.5や花粉、その他排ガス、火山灰などを洗い流す浄化の雨でもあります。そのため、雨上がりは空気が澄みきり、景色もくっきり色鮮やかに見えます。

わたしたちが生きるために必要な空気の浄化を行い、川となり海に戻り、また雨となり循環しながら、わたしたちが生きるための水をもたらします。

 

わたしたちが経験しているものごとを、あなたの気持が重くなるような受け取り方をするか、それとも状況をありのまま受入れて、あなたの気持が軽くなるように受け取る見方をするかは、あなたが選択できます。あなたの気持が軽くなるような見方を出来るようになると、一見ピンチと思えるようなことでも、その状況に飲み込まれずにあなた自身を自分軸に留めたまま、そこから解決を見出すことがしやすくなります。

 

物事を深刻に考えやすい傾向がある方は特に、あなたの心が軽くなるような受け取り方、ものの見方をしてみるように心がけてみることで、あなた自身の氣持ちの浮き沈みを軽減して出来るだけフラットな状態を保つことがしやすくなります。

 

もし、気持が重くなるようなものの見方、受け取り方をしたとしても、それに氣がついたときにすぐに切り替えればよいだけです。気持ちが重くなるような選択をしたことであなた自身を責めないことは重要です。

ここであなたが自分を責めると、負のサイクルに嵌っていくので「あっ、またやっちゃった!」「次にチャレンジ!」と言う感じで、受け流していきましょう。

 

あなたがどのように受け取るかは、あなたが選択できます。

あなたの心が軽くなる選択をすることは、周りに囚われずにいることがしやすくなります。そして、氣持ちを出来るだけフラットに保つことで、感情に振り回されずにエネルギーを有効に使えるようになります。