あなたの弱点はあなたの魅力になり人を勇気づけ明るくします。

私がお気に入りのお菓子作りの行程を配信している動画があるのですが、映像は、とてもおしゃれで美しく、BGMはチョコレートを刻む音や卵やミルクを混ぜる時の泡だて器とボールが当たるシャカシャカという音などで構成されていて、リズミカルなその音がとても心地よくフォロワーが133万人もいるのも頷けるサイトなのです。

 

そのような美しい映像から、素晴らしい仕上がりのお菓子が映し出されるのですが、それはレシピ動画として配信用に編集されていて、その動画は通常の行程が終了したあと、

製作段階では、失敗もしている部分もおまけとして配信されています。

 

デコレーションや最後の盛り付けに失敗した行程も配信することで、お菓子つくりの初心者にとっては、『プロでも失敗するんだ』という安心感と、チャレンジすることへの勇気づけになり、また、視聴者全体には笑いをもたらし距離間を縮めるという作用をもたらします。

 

完璧だと距離を感じることになりますが、失敗というある種の弱点のような部分を見せることがかえってその人の魅力になる良い例です。自分の失敗(弱点)を笑える人は最強です。

 

勿論、同じ失敗を繰り返しているわけではなく、上手くいかなかったことに対して、創意工夫をして違うアプローチをすることで成功という状況を創っています。

また、この配信の場合は、視聴者が成功例と失敗例を両方見ることによって、自分が作る時はどのようにすればよいのかというヒントにもなっています。

 

上手くいくかどうかなんて、実際にやってみないと分からない部分の方が多くて、考えているばかりでは何も進まないので、考え過ぎて状況が停滞するようであれば、動いた方が早いですし、上手くいかなかったらのならば、今の方法ではないことが分かって上手くいく方法に近づいたということですよね。

 

あなたが人に完璧な部分ばかり見せるよりは、あなたの弱点を見せた方がより魅力的にみえます。そして、あなたが自分の弱点を人に見せることが出来るとき、あなた自身はどんな自分も自分だと、ありのままの自分自身を受入れることが出来ている状態です。

そして、何よりも、あなた自身の失敗や弱点を自分で笑うことが出来る人は、人に笑いをもたらし明るくすることが出来る人でもあります。

この笑いは、あなたの弱点を馬鹿にしているという笑いではなく、その人を可愛らしく

思い、見ている側をホッとさせてくれる暖かみのある笑いになります。

 

そして、あなたは自分の弱点を受入れているので、周りからどう思われても自分は自分であるという柔軟性のある強さを持っています。その強さが、あなた自身を明るく照らし、周囲も絵顔にしていきます。

あなたの弱点はあなたの強み・魅力になります。