あなたに起こる小さなサインに気づくとで人生が変わります

日常生活の出来事の中に小さなサインが隠されていますが、

あなたは氣づいていますか?

 

普段、時間に追われたり、

先の予定のことを考えていたりして

『今ここ』にいることが難しい時には

小さなサインを見逃しやすくなります。

また、ふっと何かを感じたのに、

氣のせいと流したりしているかもしれませんね。

 

とある鍼灸師の先生のお話しです。

病気になって何かの症状が現れているのは、

わたしたちの身体に必要のないウィルスや

身体の中にたまってしまった必要のない毒素などを

体外に排出しようとしている状態で、

症状が現れた時に原因に働きかけ、

デトックスする対応していけばよいのであって

症状が現れるということは悪いことではなく、

身体が元に戻ろうとしている状態。

身体からの浄化が必要ですよ、何かが違いますよというサイン。

薬で症状を抑えるのは、

起こっていることをなかったことにしようとしている状態。

(病気の根本に対する働きかけではなく、対処療法というもの。)

ガンなど、痛みがなく進行していて、

症状に気づかないというのは、それだけ身体がおかしくなっている状態

身体を元に戻すための体力や回復力、免疫力が衰えている状態。

このようなお話しをなさっていました。

 

クライエントの体験談。

仕事がとても忙しいのに、数件の関係先で役員なども引き受け、

明らかにキャパオーバーになっていた状況。

分かっているけれども、自分の勉強のためや、

関係先への恩もあるのでとできればやりたいと思って頑張っていました。

 

ある日、体調も悪く、パートナーからは、

「休んだら?」と言われたのに、

どうしても行かなくてはいけなくて、

「大丈夫、氣をつけるね」と言って出かけ、用事を無事に済ませて

気持ちはすっきりしたけれど、

帰りに、雨が降っていてスリップして自損事故を起こしました。

山道でトンネルの入り口のコンクリートに衝突して、

あと少しずれていたら崖下に落ちていたかもしれませ。

でも、幸いなことに怪我もなく、

自損事故だったこと、崖下に落ちなくて済んだことがありがたかったです。

多分、「休んだら?」って言われたときに

休んでいたら、良かったんですよね・・・。

身体もきつかったしサインあったのに、無視したから、

ここまで分かりやすくストップかけないと止まれなかったんだと思いますと。

 

よく、何か起こったら、嫌な感じになったり、

悪いことが起こったと受け取りがちですが、

『何か違いますよ』というサインで、

その時に、氣がついて対応して修正すればよいのです。

それが、できるだけ小さなサインの内にできれば幸いです。

改善して修正ができれば、よりよくなりますし、

経験したことで、今後は何に氣をつけて過ごせばよいのか分かります。

 

そして、このサインは何か修正が必要な時だけでなく、

順調なときにもサインはあります。

 

順調な時のサインは、経験した時に安心感や

背中を押してもらえたような何だか嬉しい感じを感じたりします。

 

例えば、先日、ATМを利用するために銀行を訪れた時、

同じタイミングで入ってきた方がいらして

空いていたので、銀行の設置しているガイドポールの入り口ではなく

直接ATMの前に行こうとなさっていたので、

急いでいなかった私はそのままガイドポールの指示する

入り口から入り並んで待つことにしました。

ところが、直接ATMの前に行こうとしていた方が私の後ろに並び、

結局、待つことなく用事を済ますことができました。

この同じ状況を1週間のうちに2回経験しました。

明らかにサインですね。

どんな内容のサインだったかは置いといて、

その時、「あれっ? 並ぶつもりでいたのに、待たなくてよいのね。」

「ありがとうございます」

と、心の中でつぶやきつつ、なんだか内側が暖かくなる感じがありました。

 

わたしたちが経験することに無駄はないといわれています。

小さなサインに氣が付くことができれば、大事にならずに済んだり、

修正を加えることでよりよくなることも可能です。

 

あなたの周りに発生する小さなサインは、

あなたがあなたの人生をどのように進んでいるのかを教えてくれてもいます。

日々の生活を心を込めて過ごすことで、よりサインに氣づきやすくなるでしょう。