あなたが必要な助けやものを得るために必要なこと

あなたがあなたの人生を生きていくために必要なものは、あなたが生まれてくるときに持ってきているし、そして、あなたがあなたらしく在れば必要なものは必要な時に与えられるというというお話しにこれまで度々触れてきています。

でも、不安になったり、なかなかうまくいかないと思う時もあるでしょう。

 

あなたに必要なものは、あなた自身が何かを出来るようになるということだけでなく、誰かを通しても与えられるかもしれません。

あなたを見守ってくれている人、あなたの友人、友人の紹介、今あなたと既に知り合っている人だけでなく、ふっと氣になって入ったお店の人など、その時に繋がりが出来る人なのかもしれません。

人とのつながりは様々ですから、思わぬところでその繋がりが分かることも有ります。

 

ただ、どのような繋がりにしても、周りの人があなたに協力したい、サポートしたいと思ってもらえる在り方をしていることが大切になります。

これは、好きになってもらうため、助けてもらうために、媚を売ったり日和見的にその時の都合の良い人とだけ関わりを持とうとしたりすることではなく、あなたが人にされたら嫌な態度を取らない、違う言い方をすれば、あなたが関わる相手に対して思いやりと暖かさを持って関わるということです。

困ったときだけするというような関わり方ではなく、普段からそのように周りの人やものと関わることが必要になります。

 

あなたが友達になりたい、その人ならば協力したいと、その人ならば助けたいと思う人のように、あなた自身もそのように在るということが大事になります。

 

これは、人に対してだけでなく、動物、植物、その他あなたの周りにある物質に対しても同じで、丁寧に関わるということになります。

わたしたちの周りに在る物質は、全て周波数を持っています。そして、その物質に触れた人の周波数も記憶しています。ですから、あなたが乱雑に取り扱うものは痛みが早く劣化も早くなるでしょう。また、あなたがそのようにものに接するということは、人にもそのように接している可能性が高く、その周波数は共鳴しますので、人からもあなた自身がそのように接してしまわれるという可能性も高くなります。

お金もエネルギーが物質化したものですし、紙は特にエネルギーを記憶しやすいので、あなた自身や人やものに対してあまり大事に接していないのならば、お金も離れやすくなるでしょう。

思いやりや暖かさをもって関わり接してくれる人の方が、あなたも好意を持ちやすいのであれば、あなた自身がまずは、自分自身に対して、人やものに対して、そのように対応することが重要になります。

 

そして、人やものに嫌われたくないからという執着心からではなく、自分も自分のことを大切だと思うように、周りの人や周りのものも大切にしようという、純粋な思いやりと配慮をもって関わる事です。

見返りを期待した行動ではなく、その本質が重要になります。

あなたがあなた自身に対して思いやりと配慮を持って接し、同じように周りの人やものに対してもそのように接することが、結果的にあなたを助けてくれることになる可能性があります。